みそ文

桜餅もちょうどよく

 胃カメラの検査のあとで桜餅を食べて以来、桜の季節の間にもう何度か例のお店の桜餅を食べようと思っていたにもかかわらず、その後桜餅を食べないままに桜の季節が終わった。いや、もっと北の方へ行けば桜はこれからという地域がたくさんあるだろうけれど私が住む場所においての桜と桜餅。何度か今日なら胃腸の調子やいろんな要素がちょうどいいかもと思いお店に出向いてみたら定休日であったり他の食事との兼ね合いで桜餅までは手が回らなかったりしているうちに桜は咲きそして散り緑の葉っぱになった。

 しかし逆流対策のために炭水化物(桜餅であればもち米)と糖質(桜餅であればあんこ)の摂取を控えている今の体においては、桜餅は一春に一度食べるくらいがちょうどいいのかもしれないとも思う。

 これまでの頭痛対策の食生活に加えて昨年末から炭水化物と糖質とその他逆流を引き起こしやすい食品を控えた食生活を続けるようになった。今はもう夜中に胃液の逆流に驚いて飛び起きることもそれでむせて咳き込むこともほぼなくなり快適な睡眠を得られるほどに回復した。最初は主食がないようなメニュー構成をどうすればいいものか迷い夫が白米を食べるところを私は豆腐を食べるなどの方法で対応していたが今は夫が白米を食べていても私はその部分は何もなしで満足する。満足するだけではなく半年近くそういう食生活を続けていると逆流が改善してきたのはもちろんなんとなくこの春の花粉症が軽く済んだ気がする。アレルギーの薬は飲んでいるのでそれがよく効いてくれているのもあるだろうしこの春の花粉の飛散が少なかったのもあるのかもしれない。でもそれだけではなくもしかするとこれまで何十年も続けてきた主食を中心とする食生活、それが健康に必要だと思いそれ以上に信じて続けていた食生活は、私の体にとってはもしかするとアレルギー反応を起こしやすい要因の蓄積になっていたのだろうか、と思うほど今はいろいろとらく。もしや人類は炭水化物を摂取しすぎなのか? 人類にとってはという大きな単位での判断はともかく、少なくとも私にとってはこれまでの摂取量は多すぎたのだろう。

 というわけでこの春の桜餅は一度きりとなったが、次の春にはできれば2回くらいだいじに丁寧にいただきたい。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (160)
家族 (298)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん