みそ文

乳がんの精密検査をもう一度

 今暮らしているところでは私くらいの年齢の女性には二年に一度乳がん健診のクーポンが年度のわりと始めの頃に届く。マンモグラフィーの検査を自己負担金千円で受けられるというもので、このクーポンが届いた年度には乳がん検診を受けるようにしている。一年おきの検査で一昨年の前回は異常なく、四年前の前々回も異常なく、その前の年のなんとなく二年待たずに検査を受けたい気分のときに乳がん検診受診券を自治体から送ってもらい検査を受けた五年前には要精検の結果が出たため大きめの病院でマンモグラフィーと超音波検査を受け直しその結果異常なしであった。そして今回また要精検となった。

 五年前に最初に要精検になったときには『うーん、まずいなどうしよう』という気持ちになったものだが五年の間に職場の同僚たちの何人もが要精検になり精密検査を受け異常なしあるいは要経過観察の結果をもらって帰ってくるのを見たこともあって今回自分の五年ぶりの要精検に対して湧いた思いは『えー、またー?』だった。

 面倒くさくはあっても要精検の結果が出たものを放置しておくわけにはいかない。前回要精検の結果が出た時に受診した少し大きめの病院の受診券を五年ぶりに取り出し受診の段取りをつける。といってもここの病院は特段予約が必要なわけではなく、平日の午前中ならいつでもいいよすきなときにきて、というところなのでそのシステムが五年前とかわっていないかどうかの確認をするだけで済む。

 乳がん検診を受けた女性クリニックで受け取った紹介状と預かったマンモグラフィーの写真を持って金曜日の朝に行ってみた。『紹介状のある方はこちらに』という窓口がありそこですみやかに受付をしてもらえる。診察室では「左乳房のここのエリアに10%の確率でがんがあるかもしれない、という結果だったようですね。乳がん検診でのマンモグラフィーの写真は二人の医師でダブルチェックするシステムですがふたりともが同じ場所でそう見立てているという結果が来ています。ただマンモグラフィーを受けた当日のホルモンの状態によってこういうものが写りやすいときというのもありますので、今日はまた新たにマンモグラフィーで写真を撮らせてもらってそのあと超音波検査でさらに詳しく見てその結果必要そうであれば細胞を採取して検査に出す、という手順で検査していきたいと思います」と説明を受ける。

 診察室を出てマンモグラフィーの機械があるところで撮影をする。技師さんは何度か「痛いかもしれませんが少しだけ我慢してくださいね」と言いながら乳房を片側ずつ寄せてまとめては撮影板に挟み込んでくださる。しかしマンモグラフィーを受けるたびに思うのだがなんだか年々マンモグラフィー撮影時に感じる痛みが少なくなっている。むかし最初に受けた時にはなんと痛いと思ったが今は若干のひっつり感は覚えるものの痛みはほぼまったく感じない。これは技師さん全体の腕が向上しているからなのかマンモグラフィーの機械が痛みを感じにくい構造に進化しているのか、私の体がマンモグラフィーに慣れて痛いと感じなくなってきたのか、の、どれかなのかどれもなのか。

 乳がん検診で要精検になったのは左乳房であったが検査は両方の乳房で受ける。超音波検査のときに右乳房の特定の場所に何度も機械を当てられ、なにか見えるのかしら、とうっすらと思うものの検査室の薄暗さと暖房の加減でとろとろと眠くあまりはっきりとはいろんなことを考えられない。

 超音波検査を終えたらまた診察室前の待合椅子に戻る。この病院の待合スペースの天井には天窓が設けられており陽の光が入ってくるのがなんとも心地よく明るくて持参の小説の読書が捗る。名前を呼ばれてから診察室に入る。今回の検査では乳がん検診で指摘のあった部位には異常はなく、乳がん検診では異常の指摘はなかった右側乳房にしこりのような塊が見られるという結果だったとのこと。ついてはここで再度一緒に超音波画像を見て位置としこりの大きさを確認し細胞を採取して検査に出したいという説明。

 診察台の上に横になり機械でその部位を写す。そしてその部位を自分の指の腹で触り確認するよう促される。しかし先生が「この画面で見ると大きく見えますがこの画面の左端に付いている目盛り一目盛りが1cmですからしこりの大きさは4mmなんですね。4mmくらいではなかなかセルフでの触診ではわかりにくいかもしれません」と言われるとおりなんだかよくわからない。位置の確認を済ませてから細胞採取用の針を刺す。画像の中の塊に棒状のもの(吸引針)が刺さる。針にはチューブと吸引器のようなものがつながっているらしく診察を補助してくださる方が「引きます。動かします」などと言いながら吸引器を操作すると画像の中の塊の中身がだんだんと吸い取られる。

 細胞診の結果が出るまでに1週間かかるのでまた来週結果を聞きに来てください。今の段階ではなんとも言えませんが、可能性としてあるのは3種類で、腫瘍でもなんでもないただの乳腺症、良性の腫瘍、悪性の腫瘍です。しかしたとえ悪性の腫瘍だとしても4mmのサイズであれば超初期のものですから手術で切除するとしても乳房は完全に温存の形になります。との説明を受けてから帰る。

 そして今週の金曜日にその結果を聞きに行った。できれば自分が担当している曜日に来てもらえたらという先生の担当日である水曜と金曜のうち検査結果が出ている金曜日に予約が取ってあったのでその時間帯に。行ってみると「申し訳ないのですが担当の医師は本日急病で休んでおりまして、代わりの医師の診察になりますがよろしいでしょうか」と受付で案内を受ける。ええ、ええ、結果さえ聞ければどなたでもかまいませんわ、と思いつつ「はい」と答える。そして内心で『ああ、先生インフルエンザに罹ったのかな』と思う。

 代理の先生の説明によると検査結果は良性の腫瘍だったとのこと。念のため半年後に再度マンモグラフィーと超音波検査で経過観察をしておきましょうとの提案(もともとの担当の先生がカルテに記入しておられた提案)で半年後に予約を入れる。

 今回要精検になり精密検査を受けた段階ではその日のうちに異常なしと結果がもらえるだろうとたかをくくっていたのだが、別の箇所にしこりが見つかり細胞診を受けることになったことで、そういえば最近胸の保温を怠っていたかもしれない、これは乳房を(乳房に限らず全身に必要なことだけど)もっと積極的に保温してケアしなさいというお告げだったのだろう、と思うようになり、しばらく放置していたシルクの胸パッドをその後毎日乳房の上にあてて保温に努めるようになった。そうやってシルク胸パッドで保温してみるとそれまではたしかに乳房冷えていたわうっかりしていたわと思い至りこんなに冷えていたのではそれは病気のがんにもなりやすくなることでしょうと思う。シルク胸パッドを当てているとほんのりほんわり温かくなんだかとても気持ちがいい。この気持ちよさが好きでこのシルク胸パッドを買ったのにこの冬の温暖な気候でせっかくのシルク胸パッドの存在を忘れていたけれど今回の精密検査でシルク胸パッドの存在とその気持ちよさを思い出すことができてよかった。めでたし。

 
    押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (110)
仕事 (161)
家族 (301)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん