みそ文

切妻屋根はゲイブルズ

 日曜日に夫と隣県の魚料理屋さんに出かける。魚屋さんの二階にある魚料理屋さんにしようか、農園が営む野菜レストランで食べ放題ブッフェスタイルのお昼ごはんにしようか、夫は土曜日に山に行ってきたから今なら食べ放題に勝てると言うけれどどうしよう、と迷いながら、車に乗ってから考えようということにして出発する。魚料理屋さんならば高速道路に乗って行くことになり、野菜レストランならば高速道路の手前までの移動で済む。

 今回は私が高速道路のサービスエリアで加賀棒茶を買いたいという希望があった。別に大急ぎではないのだけれど、魚料理屋さんか落語か何かで石川県に行くときには買うのを思い出したいな、と思っていた。加賀棒茶はほうじ茶で茶葉の茎の部分だけを浅く香ばしく焙じたもので、ほうじ茶でありながら少し上等な緑茶と同じくらいのお値段がするものの、そのすっきりと澄んだ味わいはそのお値段に見合ったおいしさ。

 買いたいなという気持ちがあるときに買いに行こうよ、お腹がいっぱいになったらそれでどうでもよくなってしまうといけないから、まずはサービスエリアで加賀棒茶を買って、それから魚料理屋で魚を食べよう、と夫が車中で決めてくれたので、よしそうしよう、と、ETCカードを車載器に入れていざ高速道路へ。インターチェンジから本線に向けて加速する私の左隣で夫が「月曜日のアニメ赤毛のアンでさ」と話始める。

「月曜日のアニメ赤毛のアンで、マシュウがアンに『アンはアヴォンリーのアンじゃよ、グリンゲイブルズのアンじゃよ』って言うてたけど」
「うん、言うてた言うてた」
「アヴォンリーっていうのはあの地域の名前じゃろ?」
「うん、そう、たぶんあそこの村の名前がアヴォンリー」
「じゃあ、グリンゲイブルズは?」
「マシュウとマリラとアンが暮らすあの家がグリンゲイブルズ」
「グリンゲイブルズって?」
「あの家の色形がグリンゲイブルズじゃん」
「家に名前をつけてるってこと?」
「家に名前をつけてるというか、家の特徴がそうだからそう呼んでいるというか。でもそういえばダイアナの家のことをバリーさんちって言う以外に何か家の名前で呼んでいたかというとそうでもなかったような」
「で、なんであの家の名前がグリンゲイブルズなん?」
「なんでって、緑の切妻屋根の家じゃん」
「それは知ってるけど、それとグリンゲイブルズとどう関係があるん?」
「え? え? え? えーと、あの家の屋根が緑色なのは知ってるよね?」
「うん、緑色の切妻屋根だけど」
「えーと、切妻屋根の形は知ってるというか屋根の形に関してはどうやらくん私より詳しかったよね。えーと、えーと、もしかして、どうやらくんは切妻屋根のことを英語でゲイブルって言うのを知らんのんかな?」
「ああー、ゲイブルズって切妻屋根のことなんか」
「そうだよ、今まで何だと思ってたん?」
「なんかなー、と思ってた」
「何を今更。あれほど花子とアンの中で『グリンゲイブルズのアンを直訳すると緑の切妻屋根のアンになりますが翻訳した本のタイトルはどうしましょう、窓辺に寄る少女でいきましょうか、いややっぱり赤毛のアンで』って話をしてたじゃん」
「あー、なんかそんなこと言うてたなー、そういえば」
「たぶん、マシュウもマリラもあの家の緑色の切妻屋根のことも自分たちの家をご近所さんたちや自分たちがグリンゲイブルズと呼ぶことも気に入ってるんじゃないかな」
「そうか、あの家の名前がグリンゲイブルズなんか。ずっとアヴォンリーのグリンゲイブルズっていうのは河内長野市小山田町の河内長野市の部分がアヴォンリーで小山田町の部分がグリンゲイブルズなんかと思ってた。アヴォンリーは島の中にある村なんじゃろ?」
「うん、プリンスエドワード島っていう島の中だけど、そういえばそんなに言うほどアヴォンリーは島島したかんじはせんね」
「そりゃ、島とは言っても瀬戸内の島とは違うじゃろうけん。面積も大きいんじゃろうし」
「そっか。島とはいっても四国や九州くらいあるかもしれんしね」
「北海道くらいかもしれんし。そうかー、地名とは別に家に名前があるとはなあ」
「家の名前だと思うけど、マシュウが所有してる広大な農地も含めてグリンゲイブルズなんかな、いや、あの家のことだけだと思うけど」

 日曜日のお出かけでグリンゲイブルズが緑の切妻屋根だと理解したところで、今日のアニメ赤毛のアンを見ましょうかね。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (161)
家族 (299)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん