みそ文

ぼくのサイン

 昨日はこの季節限定の「いもきんつば」を買いに行き、その帰りに豆腐料理屋さんでお昼ごはんを食べるお出かけをしようということになった。
 いもきんつばは相変わらずおいしくて、特に店頭で食べる焼きたてホクホクは格別で、ちょっとがんばってここまで来てよかったね、とにこにこしながら帰路につく。

 豆腐料理屋さんでは「精進御膳」を注文した。胡麻豆腐二種食べ比べに始まり、豆腐と湯葉のお刺身、生麩の田楽、おからのコロッケなどで構成されている。英語のメニューには vegitarian set と書いてある。このメニューはベジタリアンセットとしてはなんら問題ないのだが、この「精進御膳」のおからには葱が入っており、コロッケにかけてあるソースには玉葱のみじん切りが入っている。その他にもいろいろ五葷要素があったため、私が食べられないものは夫に食べてもらったり、味噌汁(薬味に葱が入っていた)は葱を入れていないものに交換してもらうなどの方法で対応したのだが、精進なのに五葷が使ってあるとは思わず五葷抜きリクエストを注文時にしなかったのは場所が永平寺のすぐ近くだからと思ってつい油断しちゃったね、と夫婦で学習した話はさておき、会計時に夫がクレジットカードを使ったときの話。

 食事を終えて会計するとき夫がクレジットカードで支払ってくれると言うので「じゃあ私は現金をどうやらくんに渡すね」と言って少し離れたところで待つ。少し長めの時間がかかったものの無事に会計を終えた夫が出て来て私は夫に「ありがと。おいしかったね」と言いながら現金を渡す。そのまま私は豆乳ソフトクリームを購入する。車に乗り私は助手席でソフトクリームを食べ終え、その豆乳豆乳した味わいに満足する。夫が「さっきクレジットカードで支払うとき」と話し始める。

「さっきクレジットカードで支払うとき、レジしてくれたおにいちゃんがクレジットカードの機械の使い方がよくわからんかったみたいで先輩のおねえさんに来てもらって結局はまあできたんだけど」
「できたんだけど?」
「そのおねえさんが『じゃ、あとはサインもらってね』ってレジを離れて、機械からクレジットカード利用しましたよの紙が出てくるじゃん」
「うん、出てくる」
「そしたらそのおにいちゃんがお客様用控えは一応くれたんだけど、他の紙をそのままレジに入れようとするから『サイン要りますよね』って言うたらおにいちゃんが『サインですか、ええとどこですか』って言うて、おれがにいちゃんの手にある紙の署名欄を指さして『ここです』って言うたら、にいちゃんが『ぼくのサインでいいですか』って言うた」
「えええええ」
「『いやそこはクレジットカードの持ち主が署名するところなんで』って言ってもなんかよくわかってなかったみたいだけど、ペン借りてそこにサインしてきた」
「支払金額は正しい金額だった?」
「うん、それは大丈夫。ちゃんといくらいくらだった」
「ここの機械は暗証番号を押すタイプじゃなかったんじゃね」
「うん」
「ええと彼はクレジットカードの機械の取り扱いに慣れていないというだけじゃなくてクレジットカードの仕組みそのものを知らない、の、か、な」
「さあ、どうやろう、領収証かなにかと勘違いしてるんかなあ」
「ここのお店ではクレジットカードを使うお客さんが少ないんかもしれんね」
「うん、レジのところにもクレジットカード使えますとは大々的に書いてないし」
「でもそのおにいちゃんが『ぼくのサインでいいですか』って言うたときにどうやらくんはすかさず指導者のおねえさんを呼んで『おねえさーん、ちょっと来てくださーい、このおにいさんがへんなこと言いますー』って伝えてあげたほうが親切だったんじゃないかなあ」
「にいちゃん、クレジットカードの意味と使い方とレジでの対応がわかるようになるといいなあ」

 とここまで書いて思ったが、私達のテーブルの給仕とレジをしてくれた青年はいまどきの若い男の子であったから、もしかすると、支払いに使うカードといえばあらかじめチャージしてあるカードをコンビニのレジ等でかざすだけのものしか知らない、ということも考えられるかなあどうかなあ。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (161)
家族 (299)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん