みそ文

心当たりと一歩前進は大切

 先週だったか先々週だったか、夕食を終えてゆっくりとしているときに夫が「ああ、そういえば、今日、おれ、事故を起こしてねえ」とさらりと言う。私が「でも、こうして無事にここにいるということは」と問うと夫は「うん、無事無事。朝出勤のときに、いつものように、ふっふふーんって機嫌よく運転していたら、信号待ちで停まっている車の後ろにコッツンってぶつかって」と言う。

「あらまあ」
「でも、まえの人の車の後ろのバンパーがよく見たらかすかーにへこんだだけで、おれの車は無傷。おれのほうは軽なのに、まえの車は普通車だった。すぐに保険会社に電話してあとは全部保険会社にお任せすることになった」
「警察にも来てもらった?」
「うん。で、相手の人にはバンパーだけじゃなくて接触の衝撃で中のほうも壊れてるかもしれんけんしっかり見てもらって修理が必要なところは修理してもらえるように頼んだ」
「双方無事でたいしたことなくてよかったね、今の車の保険使うの初めてじゃろうけどこういうときのための保険じゃけんね」
「うん。保険屋さんには今回保険使うことで来年からどれくらい保険料が上がるかとか教えてもらった。あとは相手の人と保険会社で話してもらって、どうなったかまた連絡もらえることになった」

 そんな話を聞いてはいたが、私も自分のことではないから、その後どうなったかなあとも思わずに昨日の眼科検診に行ってきた。「眼科検診は異常なしだったよ」などという話をしながら夫とともに夕食をとり、「あとで一緒に赤福食べようね」と話してからゆっくりとしていた。夕食後しばらくのあいだ、夫は自室でタバコを吸いながら本を読むなどして過ごす。

 居間に置いてある夫の通勤バッグからぐううぐううと音がする。携帯電話の振動音。携帯電話会社からのなにかのお知らせメール(読んでも読まなくてもどうということのないメール)かなあ、と思い着信音が途切れるのを待つ。ところが音は鳴り続く。義妹からなにか義実家関係の連絡だろうか。「どうやらくん携帯鳴ってる」と言いながら夫のバッグの携帯電話を取り出しどこからの着信なのか見る。0120で始まるフリーダイヤルの番号だ。

「どうやらくんー、フリーダイヤルからの着信だけど心当たりはー?」
「ないー。ほっといてー」
「わかったー」

 というやりとりを終えてもまだ携帯電話はぐううぐうう鳴り続ける。夫は留守番電話に切り替わるような設定にしていないらしい。ここでいま私がこの場でこの電話が留守電対応するようにしてもいいのだけど、えーと着信中に留守電にするのはどこをどうするのだったかしら、思い出せないわ。へんなところを触ってむげに電話を切るのもいやだし。夫本人が心当たりがないというのなら無理に録音しなくてもいいか。

 携帯電話ではなくて自宅の一般電話に0120から始まる電話番号から勧誘関係の電話がかかってくることはよくあるが、ナンバーディスプレイに表示される番号に心当たりがないときには留守番電話にお任せしている。最近は携帯電話宛にもそういう営業電話がかかってくることがあるのかしら、私の携帯電話にはかかってきたことがないけど、と思いつつ夫の携帯電話の着信振動が止まるのを待つ。しばらく鳴り続ける。止まった。

 今日帰宅した夫が「昨日おれの携帯にかかってきた電話、心当たりがない、って言ったけど、今日、もしかして、と思ってよく見てみたら、車の保険屋さんからだった」と言う。

「ちょっと、どうやらくん、それはすっごく心当たりがあるじゃん」
「うん。もしかして、と思って昨日かかってきた番号とこれまで保険屋さんとやりとりした履歴見たら同じ番号じゃったけん電話かけた」
「どうやらくんー、そういう心当たりのあるときには連絡できるようにしとかんにゃあ。特に今回どうやらくんは軽微とはいえ事故の加害者の人なんじゃけん、そこはちゃんとしようよう。こういう事案があるときにはいつどんな連絡があるかわからんのんじゃけん、着信にすぐ気がつくようにしておくか、そうじゃないならせめて留守電にはなるようにしておこうよ。親も年取っていつ誰からなんの緊急連絡が入るかわからん年頃なんじゃし」
「あ。そういえば留守電にならんようにしとった。よし、これで留守電にもなるようにした。それで今日保険屋さんに電話かけてみたら、このまえの事故の最終報告をしてくれることになってたらしいんだけど、今日は担当の人がおってんないけんまた後日かけてくれるって」
「ねえ、かかってきたときにすぐに保険屋さんってわかるように、自分の車の保険の会社なんじゃけん、『車保険』とかなんかで登録しといたらいいんじゃないん?」
「いや、もう、番号見ればわかるようになったけん別に登録しなくていい」
「でもどうやらくん昨日フリーダイヤルからだって言っても全然わかってなかったじゃん。また数年後かいつか何かでお世話になるかもしれんときに諳んじていない電話番号の相手が誰か思い出せんと思うよ。それに『車保険』って表示されてれば私が着信画面見て『どうやらくんー、車の保険屋さんから電話だよー』って教えてあげられるじゃん。自分が使うことがあるかもしれない電話番号の電話帳登録くらいケチケチせずにしたほうがいいと思うよ。もしかして電話帳登録の仕方がわからんのんならしてあげようか? それとも登録方法を教えてあげるほうがいい?」
「わかった。登録してください。お願いします」
「はい。できたよ。あと、おうちの電話にも登録しといたけん、どっちにかけてきちゃってもこれで大丈夫。うちの電話にかかってくるフリーダイヤルはあんまり何回もかけてきてなんのメッセージも残さんのが続くと私が着信拒否リストに入れるけん、かけてきちゃっても通じんようになるけんね」

 なんとなく一歩前進。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (111)
仕事 (161)
家族 (301)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん