みそ文

妻の男性用パジャマ

 昨日の日記を書き終えてパソコンを閉じ寝支度をする。その合間に「男性用の衣類はボタンが右前でボタンホールが左前というのはほんとうなのかな」という確認がしたくなりこっそりと夫の部屋に侵入しワイシャツの前を見る。わあ、本当だ、全部ボタンが右側の前身頃に付いている。そうなのかと納得してから自分のパジャマを着る。そこで「あ、そういえば、このパジャマ、男性用だ。ボタンが右側ボタン穴が左側だ」と気づいて思い出す。私が持っているパジャマの中で唯一の男性用パジャマなのだが、これは間違えて買ったわけではなく、あえて選んで買ったものだ。

 七年前後くらい前になるのだろうか。寒い時期で私は自分のほしいパジャマを求めていた。当時は今ほどネット通販は日常的な存在ではなく実店舗での買い物が主だったから店頭でさがしていたのだろうと思う。パジャマが売ってあるところに行けばこまめに見るのだが自分が求めるようなものとなかなか出会えない。その時に私が求めていたパジャマとは、肌さわりはよく厚手であり、膝頭とできれば背中の風門の部分にも保温のあて布がついていて、ウエストゴムがぴったりよりもゆとりのある、かといってズボンがずり落ちはしない、胴囲腹囲に一切の締め付けられる感がないもので、腹部圧迫は避けたいがズボンのないネグリジェタイプではなくズボンありのパジャマ、という条件だった。

 当時は現在通う食材買い出しのスーパーがまだ以前の二階建てだった頃で二階部分に衣料品店と100円ショップが入っていた。買い物に出かけたときに私が「なかなか求めるパジャマと出会えなくて」と話したら、夫が「そういうパジャマ、男物ならよく見るけどなあ」と言う。「え、そうなの、どこどこ、どこのパジャマ売り場で見たの」と問うと「みそきちがスーパーの二階の服屋でなんか見てたときなんかに待ちながら男物をなんとなく見てたときも、他のお店に行ったときでもあったぞ。腹回りはようわからんけど、男物の腹回りは基本的にどれもみそきちにはでかいんじゃないかな。でもゴムは細くするのは引っ張れば済むんだったら、小さめサイズの男物を着てみる手もあるんじゃないかな」と提案してくれる。おお、そうか、その手があったか。それは思いつかなかったなあ。そうか、その方向で見てみよう。

 そう思い当時のスーパーの二階の衣料品店の男性用パジャマコーナーを見たら、グンゼのMサイズの厚手のパジャマが売れ残りなかんじで置いてあり、その売れ残りな感じ故にだったのかお値段がもともとの金額の半額くらいでお手頃価格になっていた。上半身部分の肩幅を自分の肩に当ててみる。両肩の骨の角から肩の縫い目がちょっと腕側に5cm弱くらい落ちるが腕の長さは腕まくりしなくてもいいくらいに手首と手の甲を覆うもの。ズボンを脚にあててみると裾を折り返すことも裾上げをすることもなく穿けそうな長さ。胴から膝上あたりまでのラインが女性物とは異なりダボッとしたようなズボッとしたような形でウエストサイズはゴムを伸び縮みさせてみても明らかに大きすぎるがゴムを引き出して少し細くすれば私の希望通りの圧迫感のないちょうどよいサイズにできそうだと判断してその男性用グンゼパジャマを購入。

 その男性用パジャマのズボンのウエストは現在見てみるとゴムが10cmくらい、折り合わせた状態では5cmくらい引き出してある。そのゴムの折り合わせた付け根部分をただ縫うのではなく、当時の私はなぜか小さなボタンを縫いつけている。ボタンをつけた部分だけが糸で固定してあり、そのボタンがつっかえとなりそのゴムはゴム穴から中には入っていかない。ゴムを縦に縫うのが面倒でボタン付けの縫いだけで固定したくてそうしたのか、どういう理由でそのゴムにボタンを縫いつけたのかは思い出せないが、引っ張りだして折り合わせたゴムは常にゴム出し入れ口のところでひらひらとしているものをそのままで着ている。そのゴムはグンゼ製品ゆえなのかそのまま切って捨てるには惜しいしっかりとしたゴムで、幅は2cmほどあるが中央に5mm程度の横穴が等間隔にあいており、この構造だから丈夫なのかどうかはわからないものの実際にとても丈夫で、もろくなりにくいけれども締めつけ感が少ないよいゴムであるような気がする。

 このパジャマはおそらく当時の私が冬の冷えがひどく気になる頃に買ったのだろう。これを着るとたいへん暖かいが寒くない日に着ると熱いので、着るのは雪が降って気温がぐっと下がる時期限定で、もともとの生地が丈夫であるのに着る期間が短いから生地がそれほど傷むこともなく、毎冬冬将軍様が少し本気を出して雪を多めに降らせ世の中がきゅうんと冷えた夜にはいまだに取り出してはこれを着る。
 そしてこのパジャマのボタンは右側の縦についており、ボタン穴は左側の縦にある。しかしそれでことさらボタンが留めづらいとも着づらいとも思ったことがないのは、第一ボタン以外は常に留めていてかぶって脱ぎ着をするから気にならないのだろう。
 それからズボンの前側には男性がパジャマを着たままでトイレで用を足せるように穴があけてありその穴の真ん中あたりの内側がボタンで留めてある。私はこの穴を使うことはないけれどここの布が幾重かの折り重ね状態になっているおかげでおへそから恥骨までの縦ラインが暖かい。その部分が幾重かに布が重なっているからといってごわつき感はまったくなく穴を閉じてある中央ボタンの存在による違和感もない。
 柄は薄茶色地に青と緑とこげ茶色のチェック。そういえば、今回夫が間違えて女性用を買ったかもしれないパジャマもベージュ地に茶色っぽいような色合いのチェック柄だったなあ。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (161)
家族 (300)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん