みそ文

目覚まし時計の記憶

 夫が「最近毎日明け方に目が覚めて、なんでだろう、と思っていたけど、その原因がわかった」と言う。

「明け方、って何時くらい?」
「4時」
「くっと世の中の気温が下がって寒くなる時間帯で身体が冷えて目が覚めちゃうのかな。トイレに行きたくなるとか?」
「ちがう。トイレには行きたいわけじゃない。人間年とったら睡眠時間が短くなるっていうからそれかなとも思ったけど違っとった」
「んーじゃーなんだろう」
「目覚まし時計」
「は?」
「目覚まし時計が4時にセットしてあったんだって」
「誰がそんな時刻にセットしたの? どうやらくん最近そんな早朝に起きて出かける用事が何かあったっけ。山に行く日でもそんな早くには起きないよね」
「セットしたのはおれじゃけど、たぶんお昼寝した時に夕方4時には起きようと思ってセットしたんだと思う」
「じゃあ出勤で毎朝6時過ぎに起きるのはどうしてたの」
「もう一個の目覚ましがちゃんと鳴るからそこはだいじょぶなのさ」
「でも毎朝4時に目覚まし時計が鳴って目覚めて、そのときに目覚まし時計を止めてるってことだよね。なのに目覚まし時計が朝4時に鳴ったこともその音を自分が止めたことも記憶になかったってこと?」
「うん。目が覚めて、時計を見て、あー、また4時だー、なぜだー、とは思っても、その直前に目覚まし時計が鳴ってその音を自分が止めた記憶はなかった」
「ほう、それはそれでなんかすごいね」

 自分の目覚まし時計の設定時刻が4時だったことに気づいた夫は、本来の起床希望時刻に設定しなおし、目覚ましはいつもの二台体制に戻った。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (161)
家族 (300)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん