みそ文

解任された幹事さん

 昨夜夫は会社の忘年会で温泉旅館に泊まった。夫の勤務先だけではないのだろうが、こちらでは忘年会といえば泊まり、というのがよくある標準的なスタイルらしく、夫は毎年年末には会社の人たちとともに温泉旅館か料理民宿(浴室は小さいながらも温泉)かに泊まる。夫は以前の設計の部署から現在の品質管理部門に移って六年目になるだろうか。夫は異動した直後から「若手だから」という理由で忘年会幹事を任された。若手とはいってもその当時既に十分に夫は四十歳代にはなっていたのだが、その部署で最年少であれば自動的に「若手」と呼ばれる風習があるようで夫はいつまでも「若手」であり続けた。それから夫は毎年秋口になると部署の人達に個別に「どんなところでどんな忘年会がしたいか」という質問をアンケートっぽく行い希望が多かった内容が叶うような形で料理民宿に予約を取り夜に部屋で食べるお菓子と飲み物を準備するなどの手はずを整えてきた。

 それが今年は夫は「副幹事」になったという。「どうやらくんももう五年も続けてずっと幹事をしてきてくれたから、毎年は大変だろう。そろそろ他の人にもしてもらうようにしようか」と部長さんから声がかかったのだそうだ。夫は「それは助かります。お手伝いできることはしますんで」と新しく幹事をすることになった十歳くらい年上の人に積立金の取り扱い方法などを説明して実質幹事の引き継ぎを行った。

 今日忘年会から帰宅した夫が「大カラオケ大会だった」と言う。大会だけで大きいのだから「カラオケ」の前にさらに「大」をつける必要があるのかどうかはともかく、夫が幹事のときには一度もしたことのないカラオケ大会が昨夜は繰り広げられたのだそうだ。

 実は夫には「カラオケを歌わない」という特徴がある。宴席でカラオケが催されれば手拍子を叩き拍手はするが自らが歌うことはなく、自分がコーディネイトする集まりで「カラオケをスケジュールに組み込む」という発想はない。

 昨夜の「大カラオケ大会」の盛り上がり具合を聞くと、夫の勤務先の部署の皆さんはこれまで毎年「忘年会なのにどうしてカラオケがないんだろう」と訝しんでおられたのではないだろうかという気になってくる。夫以外の人たちで「どうやらくんはご飯はおいしいところを選んで来てくれるけど、どういうわけかカラオケがないよなあ。カラオケをしようと思ったらどうやらくん以外の人に幹事をしてもらうしかないんかなあ」と話し合われたのだろうか。夫は「そんなの『忘年会ではカラオケがしたい』って言うてくれたらなんぼでも手配するのに。まあ言われん限りはおれが率先してカラオケありの忘年会にすることはないけどな」と言う。

 昨夜は夕食のあと館内のカラオケ部屋に場を移し夫以外の人たちが競うようにまったく途切れることなく次から次へと歌い続け、カラオケ部屋のスタッフの人から「もう閉店させてください許してください」という意味の丁寧な接客用語で追い出されるまで目を輝かせて歌っていたのだという。夫は『皆さん、普段もそれくらい目を輝かせて仕事しましょうよ』と思いながら手拍子と拍手をし続けた。

「目を輝かせて、って、どうやらくんは、カラオケを歌う皆さんのように目を輝かせて仕事をしてるの?」
「少なくとも昨日の夜みんなのカラオケを聞いて手拍子叩いてるときのおれよりは目を輝かせて仕事してると思う」
「それは、どうやらくんは歌わないからカラオケ大会で目が輝かないんでしょ。でも皆さんはよかったねえ、たぶん念願だったカラオケ忘年会にできて」
「うん。ほんまにみんな真剣にカラオケが好きなんやなあ、と思った。たぶんあれは来年以降も定番になるな」
「これまで皆さん毎年忘年会しながら『なんで夕ご飯のあとにカラオケがないんやろう』と思ってはったんかなあ」
「うん、そうちゃうかな。『飯食ってそのあとすることないやん、暇やん』とか思っとったんかもしれんなあ」
「みんなカラオケがしたくて、もう我慢できんようになって、わざわざカラオケがしたいって言わなくても暗黙の了解でカラオケありの忘年会を手配をしてくれる幹事さんに変わってもらうことにしたんかもしれんねえ」
「そうか。部長は『五年連続で大変やったろう』って言ってたけどあれはねぎらいに見えて実はおれを幹事の座から引きずりおろす肩たたきだったのか。まあ、ええけど」

 幹事さん、お疲れ様でございました。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (161)
家族 (300)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん