みそ文

白米の色

 透明なビニール袋に入った新米を卓上に置いて鑑賞しながら新米を食べていた時に、夫が「これって精米してあるん?」と言うのでたまげた。

「どう見てもこのお米の色は白米の白だと思うんだけど、精米してない玄米か少しだけ精米した分づき米に見える? どうやらくん色覚がもしかして低下してるん?」
「ううん。白米に見える。いいじゃん。聞いてみたかっただけなんじゃけん」
「いいけど、心配になるじゃん」
「新米、おいしいね」

 そのとき卓上に置いてあった新米はその後お米を入れるプラスチックボトル(ボトルの蓋が計量カップになっている)に入れて冷蔵庫の野菜室で保管してある。炊きたてはもちろんのこと冷凍したのを解凍して食べてもおいしい。実家の母が「新米がまたほしくなったらいつでも言って、送るから」と言ってくれているのだが、新米の時期になることを失念していた私が生協で注文したと思われる無洗米(新米ではなく昨年収穫されたもの)の5kg入りが二袋あるため先にそれを食べる予定。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (161)
家族 (298)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん