みそ文

ミンミンそれともチュンチュン

 広島帰省からの帰り道に途中で一泊した町で焼き鳥屋さんに入る。焼き鳥屋さんだと思って入り焼き鳥を何種類か注文したが、メニューをじっくりと見ると、焼き鳥屋さんでもあるが沖縄料理屋さんでもあるらしいことがわかる。追加で「にんじんしりしり」を注文。夫がしきりに「これうまいなあ。うちでも食べたいなあ」と言う。

 メニューのすみっこに書いてあるお店の名前は「美ん美ん」。その文字の下には鶏とヒヨコのイラストがあり、私は「この美の字は美ら海(ちゅらうみ)のチュの音で読むんだろうな、チュンチュンだね」と予想する。夫がすかさず「それはないやろ。チュンチュンってスズメならありだけどこの絵はニワトリじゃん。スズメを焼いて食うわけじゃないし。これはミンミンやろ」と言う。そうかなあ、こんなにたくさんの沖縄料理メニューがあることを考えると美の字は「び」や「み」でなく「ちゅ」と読みたいが、そしてミンミンと読んだのでは焼き鳥にも沖縄料理にも「美」の字がかからない気がするんだけどなあ。

 食事を終えてレジで会計をするときに夫がレジ前でお店の名刺のようなカードを見つける。そして「あ、チュンチュンって書いてある」と言う。そう言われて私もそのカードを見る。「美ん美ん」の文字の横にひらがなで「ちゅんちゅん」と読み仮名がつけてある。

 夫のあのとっさの「それはないやろ」という台詞が、だいたいにおいて「ありそう」で「ありうる」ことに対して発せられるのはどうしてなのか不思議だなあ。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (108)
仕事 (160)
家族 (298)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん