みそ文

どこそこここここ何丁目

 インターネット通信販売をよく利用する。結果的に宅配業者さんに頻繁にお世話になる。今日仕事から帰宅したらクロネコヤマトさんの不在連絡票が玄関ポストに入っていた。電話して再配達をお願いする。ドライバーさんの携帯番号を、と電話機のプッシュボタンを押す。そのまま受話器をあげて呼び出し音を待とうとして、はっと、今自分が押した番号の下四桁が電話番号ではなく伝票番号の数字であることに気づく。一瞬持ち上げた受話器をすぐに元に戻す。それから今一度担当ドライバーさんの電話番号を確認してプッシュボタンを押し、ディスプレイに表示された番号の数字を一個一個たしかめてから受話器を持ちあげる。

 担当ドライバーさんの携帯電話につながり「このあとでしたらいつでもいいのでよろしくお願いします」と依頼する。よしよし、再配達依頼完了。と思っていたら電話が鳴る。ナンバーディスプレイに表示される番号はなんとなくつい今しがた見覚えがある番号。あれれ、クロネコヤマトさんかしら、と思いながら電話に出る。電話の主は「クロネコヤマトのドライバーなんですが」と名乗る。「はい、お世話になります」と挨拶する。なんだろう、さっきの今で、突如今日中の配達が難しくなったお知らせかなにかかしら。

「あの、さきほど、お電話いただいたみたいなのでかけなおしたんですが」
「ああ、はい、再配達のお願いをしまして、持ってきていただくのをお待ちしているところですが」
「再配達のご依頼でしたか、すみません、ご住所はどちらかお聞かせいただけますか」
「はい、どこそこここここ何丁目何番何番地何号室のどうやらみそです」
「…。あの、実はこちらは広島県庄原市のクロネコヤマトなんですが、お客様からの着信履歴を見ましてお電話さしあげてみたんです」
「ああ、ごめんなさい。それは私がさきほど再配達のお願いをするときに、電話番号の下四桁を間違えてかけてすぐに切ったほうの電話ですね。すみません。あのあとすぐにこちらの担当ドライバーさんの携帯にかけ直しまして無事に再配達依頼いたしましたのでご安心ください。余計なお手間をおかけしてすみませんでした」
「いえいえ、そうでしたか。それでしたらよかったです。では失礼します」
「わざわざありがとうございました。失礼いたします」

 その後ほどなく私宛の荷物は無事に届けられた。今度から不在連絡票を見ながら再配達依頼電話のプッシュボタンを押すときには、伝票番号の数字部分は折り曲げて見えないようにして、ドライバーさんの電話電話番号だけが見える状態にしてからにいたしましょう、そうしましょう。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (111)
仕事 (161)
家族 (301)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん