みそ文

蓋の未来容れ物の未来

 「眠たくなったら眠ること」のようなできごとにより、医療保険という制度の中で入手した薬の一部または全部を手元から失った場合、無料または保険の自己負担金と同等の金額でその薬を再度入手するのいうのは本来正当ではない。もしも再度同じ薬を入手したいと希望する場合の正当な手順としては、まず、保険の効かない全額自己負担でふたたび受診し、紛失したぶんの薬について医師に相談する。数種類のうちの一種類であればその一部のみ、数種類全部であれば全部について相談することになる。先の日記のケースであれば「粉薬(実際はドライシロップなので水に溶かした時点でシロップになるが)は全部そのままあります、寝る前のシロップだけがなくなってしまいました」と相談する。そしてその処方箋を再度書いてもらえないだろうかとお願いすることになるだろうか。世の中には紛失を装った不正な行為もたしかに存在するので医療関係者は慎重に対応する。紛失したお薬分の処方箋再発行のためには、事前にクリニック等に電話をかけるなり受付で相談するなりして予約をとり直す手間と時間をかけ、すぐに予約がとれなければひたすら順番待ちをする手間と時間をかけ、その手間と時間をかけている間もしも小さな子どもがいればその子らをともに待合室で待たせながら面倒を見るか、そうでなければ、別の誰かに頼んで自宅または誰かの家で見ておいてもらえるようお願いと手配をする手間と時間をかけなくてはならない。そして全額自費で入手した処方箋を持って調剤薬局に行く。保険が適用されない自費処方箋であるから、ここでも支払いは全額。バッグの中に保険証があろうが乳幼児医療の受給者証等があろうがその恩恵に与ることはできない。そういった一連の面倒くさい手間と時間とお金をかけないのであれば、本来なら飲んで速やかに回復できたであろう薬(紛失した薬)のことは諦めて経過を看る腹をくくる。保険医療という「公の講(多くの人が少しずつお金を出しあって相互扶助する資金制度、といったところだろか)」の制度と恩恵の中で入手した薬の管理を結果的にとはいえ怠るということは本来であればそれだけの面倒くさい手間と思いとそれに伴う経過や結果に対する覚悟を引き受けることがセットになった「過失」といえる。その前提で考えると、私が前日記のおかあさまにとった対応は厳密には「不正」であり「甘やかし」に相当する側面がおおいにある。

 近年は市販のシロップ剤に関しては、子どもの手では簡単に開けられない仕組みの蓋が主流になっている。それは市販のシロップ容器本体や外箱には可愛らしい絵柄を配してあることが多いぶんより子どもが手を伸ばしやすいという危険性を鑑みての部分があるのかもしれない。だが、可愛らしい絵がついていようがついていまいが、どんな容器であっても、容器に手を伸ばす子は手を伸ばし開封しその中身を口に入れる子は口に入れる。子どもだけではなく認知機能に不自由を抱えたおとなでも同様のことはあるだろう。保険医療の現場では、簡単には開かないキャップのシロップおよび水剤の容器を本格的に採用しているところはおそらくまだそれほどには多くない。将来は、乳幼児がいる家庭の場合は安全キャップ容器で、手先は不自由だけど認知はしっかりとしている年配者等が自力で開封して飲む場合は従来の少ない力で開けやすく閉めやすい容器で、あるいは開閉は簡易だが注いだり飲んだりするには少し別の知恵と力が必要な容器や、蓋をあけた状態で容器が倒れても中身がこぼれにくい新しいタイプの容器など、錠剤もカプセルも粉も液体もそれぞれの剤形に応じた簡便性と安全性を、公の講の中でそれなりに、選択するような選べるような時代になるかな、どうかな。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (161)
家族 (300)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん