みそ文

満願成就ヨーグルト

 ヨーグルトは冷蔵庫から取り出してしばらく卓上に置き常温に戻してから食べるのが好みだ。ヨーグルトのメーカーや銘柄にこれといったこだわりはないが、乳脂肪はきちんと入っているもののほうを選ぶ。最近はうっかりしていると低脂肪や無脂肪を手に取る確率が増えているように感じるが、それは低脂肪無脂肪製品が増えているわけではなくてただ単に私のうっかりが増えているのだろうか。

 先日スーパーのヨーグルトコーナーで突如「アロエヨーグルトが食べたい」と思った。最初これにしましょうと思い手にとったヨーグルトがかごの中から「わたしは低脂肪でございますがようござんすか」と問うてくる。あらあらそうでしたか、では別の方にいたしますわ、と、そのヨーグルトは棚に戻す。そして普通脂肪のアロエ入りヨーグルトを探す。

 そうしたところ四個綴りのカップタイプのヨーグルトで普通脂肪でアロエ入りのものを見つける。森永のビヒダスシリーズのようだ。これまでビヒダスのカップヨーグルトはあまり買ったことがない。特にこれといった理由があるわけではなくてただなんとなく目につかなかっただけなのだけど。今回手にとって見たら「蓋の裏にヨーグルトがつきにくい」と書いてあることに気づく。

 おおっ、それは常々私がカップヨーグルトに対して求めていた改善事項のひとつではないか。あのカップの蓋をぺろりと剥がした時に蓋の裏に付着したヨーグルトが勢いあまってぴゅっと飛び出してきたのを拭うのも、蓋の裏のヨーグルトをスプーンでこそげ落とすのも、さらに蓋の裏を水道水で洗い流してきれいにしてからゴミ箱に捨てるのも、その手間がいただけない。その一連の作業の面倒くささは私に無意識のうちにヨーグルトの摂取を控え気味にしていたかもしれない。他社の製品になるが、ダノンビオのカップヨーグルトは蓋をめくると蓋の裏に「ギュナイドゥン」と書いてある。「ギュナイドゥン」とトルコ語で「おはよう」の挨拶をしてもらえるのはたいそう好ましいけれど、その「ギュナイドゥン」の文字はヨーグルトに透けて見える状態であり、その文字をはっきり見ようと思ったらやはり蓋の裏のヨーグルトをこそげ落とす必要があったように記憶している。ちなみにダノンの蓋裏の文字は「ギュナイドゥン」以外のこともある。

 以前は四連カップ(サービス品だと六連のこともある)入りヨーグルトは、その胴体に巻いてある紙がうまくはがれないのがストレスでその手の製品を避けていた時期があったのだが、最近はどの会社の胴体巻紙もきれいにはがれるようになりヨーグルト購入時の選択肢が拡がったことがありがたい。

 さて、どれどれ、「カップの裏にヨーグルトがつきにくい」とわざわざ謳うだなんて、いったいいかほど蓋の裏にヨーグルトが付着しないのかお手並み拝見しようじゃないの、とビヒダスカップヨーグルト普通脂肪アロエ入りを購入。帰宅して着替えて手を洗いうがいをする。食器棚から陶器のスプーンを取り出す。四連のカップをパチンパチンと折るようにしてちぎって離し一個だけ卓上に置く。残りの三個は冷蔵庫にお片づけ。テーブルにおいたヨーグルトに対峙してふたを開ける。

 うわーっ、蓋の裏に全然ヨーグルトが付いてないーっ。パチパチパチパチー。ひとり盛大に拍手する。ビヒダスえらい、森永えらい、これは素晴らしい技術だ。蓋の裏をこそげ落とす必要もなければ、水で洗い流す必要もない。蓋の素材は「紙」の分類でそのまま「燃やせるゴミ」に捨てられる。

 夜になってから夫にビヒダスカップヨーグルトの蓋の裏にはヨーグルトがつきにくいんだよ、ほとんど全然つかないんだよ、ストレスフリーで快適だよう、と本日の喜びを語る。夫は「そこはヨーグルトとして力を入れるところなのか。おれは一度もそんなこと気になったことも求めたこともないぞ。ヨーグルトに対してそこはあんまり求められてないんちゃうかなあ」と言う。「私はずっと気になっていたしこころの中でずっと改善を求めていたよ。願っていたことがこうして叶ってすごくうれしい。満願成就。これでこれまで以上に私のヨーグルト欲に応えやすくなったと思う。この技術はきっと他社も追随してくるはず」と言う私の肩に手をおいて夫はゆっくり「よかったね」と言う。

 ビヒダスカップヨーグルト普通脂肪アロエ入りをひとつ卓上に出して蓋をあける。蓋はそのままゴミ箱に捨てる。干しぶどうを十数粒ヨーグルトの中に入れる。スプーンで混ぜる。しばらく放置する。ヨーグルトが常温に戻り、干しぶどうがちょうどよくふやけてから食べるヨーグルト、おいしい。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (161)
家族 (299)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん