みそ文

学校行事と楽勝ぽんち

 今回の大山登山を夫は「楽勝ぽんち」と表現する。本当はもっと歩きたい稜線があるにもかかわらず、大山は崩落している部分と崩落しやすい部分が多く、山全体の大きさのわりには安全に歩行できるエリアが限定されているのだとか。それでもいくつかのルートがあり、私にしてみたら「それで充分じゃろ」なのだけど、夫にしてみたらもっと手応えというのか手強い感があるほうが歩き甲斐歩いた甲斐があるのかもしれない。

 それでも大山は「日本百名山」のひとつで、中国地方では唯一の百名山だから、百名山のうちいくつ登った、というのがおたのしみのひとつになっている夫は大山を外すわけにはいかなかった。そして百名山である大山は、見る方角によってその山の姿が異なることも、見る方角によってはその円錐形がたまらなく明媚であることも、山頂から遠くまできれいに見えることも、天候によっては瀬戸内海や四国まで見わたせることも、すべてが百名山であるゆえんだ。

 夫がふだん登る山では、どちらかというと中高年の特に六十代以降のグループ登山が圧倒的に多いという。それが今回登った大山では、小さな子ども連れの家族グループが大半なのが、これまでの他の山とは大きく異る点なのだそう。富士山や立山など大きな山でも小さな子どもの登山者はいる。でもその数は大山に比べるとずっと少ない。

 夫が「楽勝ぽんち」と呼ぶその大山に、母は中学生のときに登っている。学校行事のひとつで、前日にふもとの宿に泊り、翌朝早朝暗いうちに出発して、山頂で日の出を見る。眼下に広がる「丸い虹」に驚き感動したものの、道中のあまりのしんどさに、二度と登ろうと思ったことはなかった、と母は語る。その話を聞いた夫は「昔と今では、靴にしても服にしても装備全般から、水分や塩分当分の補給の仕方に至るまで、知識や情報も世の中に用意されているものも全然違うから、今のほうだ断然ラクなんやと思いますよ」と自説をふるう。

 帰省から戻り職場に出勤して「大山がすっごくすっごく楽しくて気持ちよかったんです」と話す私に職場の人は「だんなさんは、無事に大山に登ってこれたの?」と訊く。職場の人々は私の夫は山に登るけど私は登らずお見送り専門であることを知っている。「はい、往復三時間ちょっとで楽勝だった、って言ってました」と話すと、岡山出身の先輩が「私は中学と高校のとき、夏の林間学校が大山登山で、それがもう嫌で嫌で、なんでこんなしんどい思いをしなくてはならないのかと、大山のばかやろー、と当時は思っていたなあ」と回想する。しかしその先輩は現在は北陸を中心にあちこちの山にご夫婦で登る。やはり中学や高校の体操服と運動靴ではなく、きちんと登山に適した吸湿速乾性のある衣類を身につけ足首をしっかりと保護する登山靴で歩くと、山に対してばかやろーと毒づくことなく気持よく快適に山に接することができるのかも。

 学校行事というのは、学校行事であるから、いつ行くか、どのようなスケジュールで行くか、どの登山道を通るか、どこでどれくらい休憩するか、どういう服装装備で行くか、どこで食事休憩をとるか、どういうペースで歩くか、そういったすべてのさまざまを自分では決めることができない。しかしおとなになってから、自分で計画して行く登山は、それらのすべてを自分でアレンジできる。いや、ツアー登山の場合はツアー会社がたてた計画どおりに行動することにはなるが、それでもどういう日程のどのようなツアーを選ぶかは自分で考えて自分で決める。そしてそれに出す参加費も自分が管理するお金から支払うから、慎重に検討するし、参加したからには愉しむぞという気概が自然と高くなる。しかし学校行事の場合は、参加費が必要であっても直接自分の懐が痛む支払い方ではないし、日程もツアー内容も選びようがないぶん、参加したからには愉しむぞの気概が湧きにくいのかもしれないなあ。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (161)
家族 (300)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん