みそ文

王様のパジャマズボン

 夫が「パジャマズボンのゴムがもうビロンビロンで生地もすりきれてきたけん、そろそろ新しいパジャマを買いたいなあ」と言う。私は「買ったらいいというか買ったほうがいいと思うよ。どうやらくんはパジャマを買うくらいの財はあるんだから」とすすめる。

「でもなあ、買ってすぐのパジャマのズボンって、ちょうどいいときにはいいんだけど、ゴムがきついときがあるじゃん、あれがなあ」
「それならいまの古いパジャマのズボンのゴムだけを入れ替える方法もあるけど、生地も薄くなってるんなら、新しく買ったほうがいいんじゃないかなあ。私もパジャマのゴムがきついのは苦手じゃけん、新しいパジャマのゴムをすぐに自分でちょうどよくなるように入れ替えることあるよ」
「おおー。さすがは王様やなあ。そこでこれは自分のほうが太ったんじゃないか、太ってウエストが太くなったんじゃないか、これは痩せたほうがいいんじゃないか、とは思わずに、自分のお腹にパジャマのほうを合わせるんやなあ」
「どうやらくん、なにを言いようるん。私のウエストは自分でメジャーでときどき測るけど大きな変動はないし、腹囲は健康診断のときに毎年測定があるけど別に大きくなってないんよ。それなのに自分のお腹をきついパジャマのほうに合わせて小さくする必要はないじゃろう。パジャマというのは気持ちよく着て寝てこそのものなのに、快眠のための衣類なのに、自分のお腹をパジャマのサイズに合わせるためにきついのを我慢してそのまま着て着心地寝心地よくなくて睡眠の質を下げたのではそれは本末転倒じゃん」
「それはまあそうなんじゃけど、仰せのとおりでございます」
「どうやらくんは山を歩くようになってお腹まわりがどんどん細くなったって言ってたじゃん。このまえもベルトの穴がどうとかって細くしてたじゃん。今なら新しいパジャマでもゴムがきついのそんなに気にならんかもよ。もしも気になる時には私の裁縫道具箱の中のゴムを入れ替える道具を使ってくれていいけん、それで入れ替えたら大丈夫よ。入れ替えたことがないんじゃったら入れ替え方は教えてあげられるよ」
「わかった。新しいの買う」

 夫は寝る時上半身はコットンTシャツを着ることが大半で、パジャマの上を着るのは一年のうちでもパジャマの上を着ないと寒いと感じられるごくごく一時期のみ。

「どうやらくんは、パジャマの上はあんまり着んじゃん。パジャマのズボンだけっていうのが、ときどき生協カタログに載ってることがあるけん、また見つけたらお知らせしようか?」
「うん。教えて。それ見てみる」

 今の夫のお腹にぴったりゆったり寝心地ばっちりなパジャマズボンとの出会いはきっとすぐそこだ。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (161)
家族 (299)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん