みそ文

記憶の定着バナナばなな

 今日も「神は細部に宿る」とは別の話。

 先週だったか、私が出勤前にバナナを食べて食卓のバナナがなくなった。私の好きなバナナは台湾バナナなのだけれど、うちの近所のスーパーには台湾バナナの在庫が少なめで売り切れていることが多い。夫の勤務先の近くのスーパーは台湾バナナの在庫が多いお店だと夫から聞いていた。私の勤務先からだといったん我が家を通り過ぎてスーパーに行く必要があるが、夫の勤務先近所のスーパーは夫の通勤経路にあり立ち寄りやすい。明日もバナナがあると嬉しいなと思い、夫にメールで依頼する。送信先アドレスは夫の会社アドレス。件名は「依頼」。内容は「台湾バナナ買ってきてください」。

 夜になって夫が帰宅する。おかえりなさい、と出迎えると、夫が「ああっ、バナナ買ってくるの忘れた」と言う。「会社でメール見て、ほら、手の甲にメモを書くところまではしたのに」と左手の親指の付け根を私に見せる。ボールペンで小さな字で「BB」と書いてある。BはバナナのBなんだろうな、と思いはしたものの、「まあ、他に食べるものあるしね、バナナはまた買いましょう」と言って夕食を並べて食べる。

 そのときにはそれだけで終わっていたのだが、昨日になって、ふと、あれ、バナナのBはBだとしても、なんでBBでBがふたつ並べてあったんだろう、と疑問に思う。夜になって夫に「この前のバナナ買ってきてくださいのときにどうやらくんが手の甲にBBって書いてたのはBANANAのBかと思ってたけど、なんでB一個じゃなくて二個並べてあったん?」と訊く。

「そういえば、BBって書いてたなあ、なんでやったかなあ、BANANAの略ならBNNなのになあ」
「ええっ、BANANAの略はBNNなん? もしかしたら、buy banana(バナナを買う)の略でBBとか?」
「いや、ちがう、それはない。あ、思い出した、BはバナナのBだけど、一個だけじゃ忘れそうだから、念の為にもう一個書いておこうと思って書いた」
「だけど残念ながら思い出せんかったいうことなんじゃね」
「いや、そこで、念の為にもう一個書いておこうと思うことが重要で、そう思うことが記憶の定着につながるんだから」
「うん、それで定着した記憶が再生されてバナナの購入に至ったら大成功だったけど、念の為にもう一個書くところまではしたけどそのことを思い出さんかったということなんよね」
「ほんまやなあ、そうやなあ、おかしいなあ」
「おかしいねえ、でも結果的には思い出さんかったとしても、思い出す確率が高くなるように記憶の定着を狙って二度書きした心意気は立派だと思う」

 ちなみにまた別の日に夫が買ってきてくれたバナナは「甘熟王」という名前のバナナで台湾バナナとは異なるけれど、これはこれで甘くておいしいバナナだった。

 私は一時期バナナを食べると喉が痒くなって体が冷えてバナナがうまく消化できないという不都合が生じたことがあり、そりゃあ南国の果物だから冷却効果はある程度あるだろうし、果物として天敵から身を守り子孫繁栄につなげるために酵素を出してはいるだろうけれど、バナナくらいは食べたいことであるよ、と思っていた。それが最近は身体が積極的にバナナを求めるようになり、バナナを食べても口も喉も痒くなく体の冷えも気にならず消化にも問題がなくなり、ありがとうバナナな日々が戻った。
 最近気がついたことは、バナナの皮をむいてそのまま口に入れて食べるよりも、皮をむいたバナナをいったんお皿にのせて、フォークで(ナイフを使ってもよいがフォークならそのまま突き刺して食べられるので)五ミリ幅くらいにバナナを切ってから口に入れると、口と喉がよりいっそう痒くなりにくいということ。だから近ごろは、ちょっと一手間ではあるけれど、いったんお皿に皮をむいたバナナをのせて、フォークで切って、それから食べる。

 大学生だったころか、社会人になってからか、福岡に住む友人の家(実家)に遊びに行った時の朝ごはんにバナナヨーグルトを出してもらったことがある。
 そのときに友人が「みそさん、ごめんけど、朝ごはん、バナナヨーグルトとトーストだけでいいかなあ」と訊いてきて、「だけ」と言ってもコーヒーか紅茶と牛乳もあって、全然「だけ」ではなくて、私は「十分です、これ以上食べるのは無理です、ありがとう、いただきます」とおいしくいただいた。
 彼女の実家は食べることに対する意欲がたいへんに高い文化のおうちで、そこで育った彼女としては食事というのは品数も量ももっとたくさんあるのが標準だったのかもしれない。
 そのとき出してもらったバナナヨーグルトのバナナが、そういえば五ミリくらいに切ってその上にヨーグルトがかけてあったなあ、と、最近自分が食べるバナナを見るたびに思い出す。

 明日は、バナナにヨーグルトをかけて食べてみようかな。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (108)
仕事 (160)
家族 (298)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん