みそ文

いつもここ

私の勤務先の店名は、「すこやか堂」と申します。近隣には、「元気堂」や「健康堂」などなどの、同業他社もありまして、切磋琢磨しております。ところで、私の勤務先「すこやか堂」にご来店くださった、おじいちゃん。

「このまえここで買った、白い箱の咳止め薬の錠剤は、どこにあるんか?」
「白い箱の咳止めですね。咳止めコーナーはこちらでして、置いてる咳止めは、このあたりで全部なんですが、白い箱というと、これか、これでしょうかね。でもこれだと、錠剤じゃなくて、カプセルなんですよねえ」
「いいや、ちがう。これじゃない。これでもない。この前ここで買ったのに、なんで置いてないんじゃ! わしはいっつも元気堂でしか薬は買わんのに!」
「お客様。もしかして。白い箱の咳止めは、元気堂さん、で買われましたか? 元気堂さん、とうちとでは、置いてるものが少し違いますので、もしかしたら、うちでは置いてないものなのかもしれないです」
「ここは元気堂じゃないんか」
「はい。ここは、すこやか堂です」
「ああ! 間違った。わしはいっつも、薬の買い物は、すこやか堂、だけなんじゃ。ここだけなんじゃ。いっつもここなんじゃ。だから、白い箱の咳止め薬の錠剤も、ここにあるはずなんじゃ」
「そうですか。いつもありがとうございます。ところで、そのお薬の名前か、メーカーか、憶えていらっしゃいませんか?」
「そんなもんは憶えとらん!」
「そうですよねー。うちですと、白い箱の咳止めとなると、錠剤じゃなくて、カプセルになっちゃうんですけど、カプセルじゃなくて、錠剤なんですよね?」
「カプセルじゃない。白い丸い粒じゃった。飲むときに、ぷちっと押し出すんじゃ(瓶入りではなく、PTP包装だという意味)」
「うーん。どうしましょう。箱は白くないですが、プチプチと押し出すタイプの錠剤の咳止めでしたら、これか、これか、になりますねえ」
「じゃあ、今回は、おねえさん(私)に騙されたと思って、この、緑の箱の、錠剤の、咳止めを飲んでみるわ」
「そうですか。騙されてみてくださいますか。お客様にこのお薬が、よく合ってよく効いてくれますように。また実際お客様が飲んでみられて、効き具合も、体の様子も、よくよく観察してくださいね。あ、お支払いは、レジでお願いします」
「あれやな、ポイントの付く、元気堂カードを出すんやな」
「えーとですね、元気堂さん、のカードじゃなくて、すこやか堂のカードをお願いしますね」
「わかっとる、わかっとる」

そして、じいちゃん、元気にレジへ。そして、レジにて、再度言う。
「ちょっと待ってや。元気堂のカードやろ。今出すからな。元気堂のカード」
レジの男性社員がおずおずと言う。
「あの、元気堂さんのではなくて、すこやか堂のカードをお願いします」
「わかっとる、わかっとる。元気堂のカードな」と言いながら、じーちゃん、ちゃんと、すこやか堂カードを提示。

けれど、私は見た。いや、たまたま、見えた。じーちゃんの財布のカード入れに、ちゃんと、元気堂カードがあることを。じーちゃん。やっぱり、本来買いたかった白い箱の錠剤の咳止めは、うちじゃなくて、元気堂さん、にあるんでないかい?     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (161)
家族 (300)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん