みそ文

脱水機マッサージ

 土曜日の朝、夫は山に行った。お昼すぎには帰宅して少し昼寝をする。午後三時半くらいに隣県の温泉施設に二人で出かける。高速道路で数十分の走行で四時半前には施設に到着。少し移動しただけだけれど、気分は小旅行。

 受付で日帰り入浴料金を払おうとするとフロントの人が「日帰りバイキングのご利用ですねー」と言う。「いえ、入浴と落語だけです」と伝える。

「ではお一人様五百円ですので、お二人で千円となります」
「あれ、五百円なんですか、六百円だったような」
「はい、本日は二十六日、風呂の日で五百円なんです」
「そうなんですか、では、これで」

 千円札を一枚出して、引換に半券か何かもらうつもりで待つが、「では、どうぞごゆっくり」と言われる。

「あの、引換券かなにかは」
「ないんですー」
「そうですかー、ないんでしたっけー」

 これまでも何度か利用している施設なのだが、領収証にあたるものをそういえばもらったことがないような、ないような。

 夫が車を少し遠くの施設専用駐車場に駐めてから入ってくるまで入口近くの台に座って待つ。夕方だから宿泊チェックインのお客様の入館が続く。入り口を入ったところに「本日風呂の日」の看板が立ててある。通常は日帰り入浴とバイキング利用で大人一人三千八百円のところが風呂の日は二千六百円なのだそうだ。看板に目を留めた人たちが「わーこれはオトクだなー」と感嘆の声を上げる。

 夫が歩いて入ってくる。「先にお金払ったよ」と伝える。「今日は風呂の日なんだって。それからね、お金払ったけど半券も何もなかった、そういえばこれまでもそうだったっけ」と言うと、夫は「ああ、二十六日か。半券なくてもノーチェックで無料で入り放題でもまあ別にいいんやろうなあ」と言う。入浴だけの日帰り客は頭数としてあまり重要視していないのかもなあ。

 夫が大浴場で入浴する間、私はマッサージチェアでくつろぐ。二百円を投入して身を預ける。見た目は上等そうなマッサージチェアなのだが、実際に揉んでもらってみるとその振動が「もしや、この動力は、洗濯機の脱水機?」と思う動きと音。気持ちいいのは気持ちいいのだが微妙に自分の気分が洗濯物。二百円で十五分のマッサージが終わる。日帰り休憩室に移動してペルシャ語の勉強を始める。そうだ、そのまえにハガキを書こう。そうこうしているうちに夫が大浴場から戻ってきて「山からおりて大浴場で身体を伸ばしたら、身体のどの部分の筋肉が疲労してるかがよくわかる」とちょっと発見気味に言う。「家のお風呂ではこんなに脚を伸ばして点検できないから気づいてなかったけど、けっこう、あ、こここわばってる、ってとこがあった」とのこと。

 落語の演目はひとつつ目は「天狗裁き」。おもしろい、おもしろい。ふたつめは「始末の極意」。上手上手おもしろい。

 はてさて。今回本当は「神は細部に宿る」に関する話を書きたかったのが、それはまた次の日記にて。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (161)
家族 (300)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん