みそ文

洗濯物を取り込む

 夜帰宅して夕食を食べている時に夫が「今日日蝕見た?」と言う。

「ううん。見てないけど、昼間仕事中も別に暗くなったかんじはしなかったよ」
「昼間じゃないよ。朝七時半頃」
「あっ、それなら、そういえば、なんか暗くなったかも。朝、あれー、今日はずっと晴れだと思ってたのに雨になるんだったっけ、と思ってパソコンで天気予報見て、うーんやっぱりずっと晴れか曇りで雨はないじゃんねえ、と思って、それでも一応ベランダの洗濯物は取り込んでから出勤したほうが安心かなー、昨日の夜どうやらくんが洗濯物外のぶん干したじゃん(サンルームに干すほうは私が干した)、まあ一晩で乾いてるんだけど、今日の昼間は一日干しとくつもりじゃったけん、それを予定変更して取り込んでから仕事に行った。あの暗くなったなあ雨になるんかなあ、と思ったのが実は日蝕じゃったんじゃね」
「おれは会社で見た。でも肉眼ではとてもじゃないけど眩してく見られんかったけん、安全ピンで穴を開けた紙で太陽の光を遮って自分の手のひらに映して見た。三日月みたいな形じゃった」
「へえ、そうなんだー」
「前の日蝕のときには曇っとったけん肉眼で雲越しに欠けた太陽の形が見えたんだけどなあ」
「前の日蝕っていつ?」
「うーん、二年くらい前かなあ? あのときは沖縄だと皆既日蝕で見えたんじゃないかな」
「あー、なんかそんなことあったような気がするねえ。そのときもどうやらくんは仕事中じゃったん?」
「うん。会社で見た」
「私全然記憶ない。寝てたんかもしれん」
「そうかもしれん」

 太陽が丸くても欠けてても、洗濯物が無事ならば私はそれで満足。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (160)
家族 (298)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん