みそ文

太陽と月と暦の力を

 世の中にはいろんな暦がある。私はグレゴリオ太陽暦カレンダーに準じて生活することが圧倒的に多いけれど、太陰暦にもふとしたときには必ずお世話になる。

 イラン語(ペルシャ語)学習をするようになり、イランにはイラン独自の太陽暦カレンダーがあることを知った。イラン暦で今年は1391年。春分の日に太陽が春分点を通過した時点で新年が始まる。その時刻は地球という星が天体の春分点を通過するときで、地球上のすべてが一斉に新年を迎える。なんてめでたいのだろう。新年のカウントダウンに「時差」がないなんて素敵だ。地球上のすべての生き物がいっせいに「わーわー新年おめでとう」と言い合える暦システム、いいじゃんいいじゃん、これ世界で採用しようよ。
 このイラン暦カレンダーでは、地球上同時に新年だから、その新年を早朝に迎える地域もあれば、ちょうどそのときがお昼の地域もあれば、夕方だったり真夜中だったりいろいろなのだ。そして地球が春分点を通過する日時というのは、毎年同一ではないから、特定の地域においてある年は昼間に新年を迎えるけれど、翌年は深夜寝ている間に新年を迎える、ということもある。

 そんなイラン暦カレンダーをPCで毎日眺めるようになって、今年の春分の日には、イランに暮らす文通相手の人にイラン暦新年おめでとうお便りを送った。一通はメールで、もう一通は封書で。手書きの手紙にはイラン語で日付と簡単な単語を少しだけ書いてみる。

 イランのペンパルの子とは十代後半から手紙をやりとりしていて、お互いおとなになっていまは中年女性になって、何年かの間があいても、気が向いたときにふっと何かを書いて送る。結婚してたり離婚してたり、子どもがいたりいなかったり、身体のどこかの不調があったり、各自いろんなことがある。

 私が送ったイラン暦新年お祝いのお便りに対して、今日彼女からの返信メールが届いた。私からのメールと手紙に対してありがとう、ということと、自分はしばらく体調を崩して入院していて腫瘍の摘出手術を受けていたということと、そのため手紙とメールを思うように書けなくて、書いた手紙を投函できなくて、残念だったの、ということが書いてある。

 なにはともあれ手術が無事にすんで帰宅できたのならよかった。

 イラン暦カレンダーでは、今日は2月の3日。イラン暦での一週間はグレゴリオ太陽暦の土曜日から始まる。便宜的に日本語風に翻訳して呼ぶならは、土日月の順に「零曜日(土)」「一曜日(日)」「二曜日(月)」「三曜日(火)」「四曜日(水)」「五曜日(木)」「休日(金)」。そして今日は「一曜日」。

 彼女の今日が、そして明日と明後日とその次の日々がずっと、彼女の病後の身体とこころにおだやかによりそって、すこやかな力と勇気を育む時でありますことを。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (110)
仕事 (161)
家族 (301)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん