みそ文

山の力で安心安全そして快適

 先日の日曜日に、夫が「雪山安全講習会」というものに参加した。スキー場に集合してからスキー場とは少し離れた場所に移動して、雪山をより安全に楽しむ技術や、万が一遭難した場合にはどのようにしたらよいかを学ぶ内容。県内から二十三名の参加者が集まった。これまで知識として知ってはいたけど実感のなかったことに関してあらためてなるほどと思ったことや、これまでは全く知らなかったことを新しく教えてもらえたことなどがあり、非常に充実していた、と夫は満足そうだ。

 その講習はほぼボランティアで開催されていて、参加費用は一人千円。お昼ごはんも飲み物も持参で現地までは自力で往復するとはいえ、千円では申し訳ない気がする、と帰宅した夫が言う。「だったら一万円くらいは払いたいなあと思う?」と私が夫に訊くと夫は「う、一万円はちょっと、うーん、えーと五千円なら払ってもいいかな」と言う。

 その講習会のさいちゅうにお昼ごはんの時間がある。各自持参したパンやおにぎりを食べるのだが、快適に食べるための「雪洞づくり」をその前にするのだそうだ。四人一組が一度に入れるくらいの大きさの穴を協力して掘る。雪と風をよけることができてかなり快適であるらしい。夫はいつも雪山では座るとおしりが冷たいからと頂上で立っておにぎりを食べると言っていたから、雪と風を避けられる空間の中で座って食事ができるのは快適なことだろう。だが「雪洞づくりを習ったことだし、今度からは一人で登ったときにも雪洞掘ってからおにぎり食べる?」と訊くと、「それはしない」と言う。「雪に穴を掘るのは大変なんだから」と。

 この「雪山安全講習会」のことを私はつい「遭難対策講習会」と呼んでは、夫から「ちがう。雪山安全講習会」と訂正を受ける。講習会の名前といえども、雪山で危険な目に遭い難儀しているイメージが想起される「遭難対策講習会」よりも、雪の中で安全にたのしそうに冬山を楽しむ笑顔が思い起こされる「雪山安全講習会」のほうが、そりゃあ縁起がいいよなあ、と思うから、素直に納得して「あ、そうだったね、雪山安全講習会」と言い直す。

 夫は私と同じように春になるとスギ花粉症を発症する。私は以前より通年で各種アレルギーがあるから年中必要な予防薬を飲み、症状が少し強く出ればそれなりに対応する薬も足して、春の間の自分の生活や仕事の質を保てるように工夫してきた。しかし、夫は花粉症の時期もちろん仕事には行くけれどそれ以外はできるだけ外出を控え、薬はどうしてもつらいときに漢方薬を少し真面目に飲み、それでもひどくなったときにはぐったりとして日々を棒に振る生き方を選んでいた。

 それが今年の夫は「スギ花粉の時期にも春の山に登りたいから、アレルギー科を受診して予防薬と対応薬を処方してもらってちゃんと飲むことにしようかな、と思うんだ」と言う。

 これまでは私がどんなにすすめても、私との暮らしや外出の質を整えるためには、受診もこれまで以上の服薬もする気にならなかった夫が、春の山を歩くためなら受診も従来以上の服薬もしようという気になるなんて、夫にとって山の力はずいぶん偉大なものなのだなあ、と、なんだかいろいろ感心しつつ、夫に何かをすすめるときには「山歩きのためにもなるかもよ」という視点で話をすると、いつもとっさに現れるあの「妻の言うことをききたくない妖怪」の出現をもしかすると封じることができるかしら、と思案してみているところ。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (161)
家族 (300)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん