みそ文

焼きナスの皮を上手にむく

 本日の焼きナスとその追記を読んでくださった方が、焼きナスの皮をむくときのコツを教えてくださったので、おぼえがき。

 焼きナスの皮をむいてみて、むむっ、むきにくい、と感じたときには、爪楊枝か竹串を皮と実の間に挿して(皮と実の隙間に挟むようなかんじで入れて)、ナスの皮の内側を滑らせるようにして、皮と実を分離する。
 なるほどなー。
 次回焼きナスを焼き終えて、さあ、皮をむきましょう、という段階になったときに、手元には、爪楊枝か竹串を用意することを思い出したい。

 私はかたいものやスジっぽいものも噛んで飲むのが上手だから、義母スタイルの焼きナスでも、皮ごとおいしくいただく、もしくは、その場で自分でむいて食べるだろうとは思うけれど、すでに皮をむいて食べればよいだけにしてある焼きナス独特のあの気軽で滑らかな食感は、それはそれで快楽の一種で大好きだから、どうせ焼きナスを食べるのならば、皮はむきたい。
 そして、どちらにしても皮をむくのであれば、今日のように、あ、ちょっとむきにくいな、と思ったときにも、ええいっ、いいや、このままで私が食べちゃえ、という方向で解決するのではなくて、いや、それで解決したつもりなのに結果的に夫の口に入って解決にならない、というような解決の仕方(夫が口から上手に皮を出す、という形では解決したと思う)ではなくて、上手に皮をむくコツを求める方向に目を向けたい。

 ちなみに、ナスの皮の紫色の色素もナスのおいしさのうちだとは思うのだけど、それはまた焼きナス以外の別の時にたっぷり食べればいいと思う。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (112)
仕事 (161)
家族 (301)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん