みそ文

ようこそ我が家へLED

 近所の家電屋さんで欠品中につき取り寄せ取り置きをお願いしていたLED電球入荷の連絡が金曜日の夜にあった。それをさきほど受け取りに行って、さっそく、手元灯として使用している電気スタンドにとりつける。

 これまでの40Wミニクリプトン電球を外して、新しいLED電球をくるくると装着。ぴったりちょうどよく入る。電源を入れて点灯してみる。

 ほお、明るい。色味は「電球色相当」で、明るさは「380lm(ルーメン)」。光が広がるタイプだから、光の直進方向だけでなく、電球の付け根のあたりもそれなりに明るい。ミニクリプトン電球に比べると電球付け根側の明るさは少ないかもしれないが、PC画面とキーボードを照らすぶんにはまったく問題がない。

 気がかりだった発熱は、明かりに手をかざしたときにほんのりとあたたかいといえばあたたかいが、暖房的な働きは期待できないレベル。現在はPC本体の発熱のほうがずっとあつく感じる。
 これまではPC本体もあついが、ミニクリプトン電球もPCと同等かそれ以上にあつく、両方の熱が合わさると、少し気温が高い時間帯には皮膚からじんわりと汗がにじみ出ていたが、今回の電球の交換によりその両方が合いまったあつさと発汗はなくなった。
 ただし電球本体は触るとかなりあついから、交換などで電球に触る必要があるときには、点灯中は当然であるが消灯直後も避けて、消灯後しばらく経過してからのほうがより安全と思われる。発光部分(明かりが透過する球の部分)の発熱はそうでもないのだが、その根元のラッパ型受け皿の部分がかなりあつい。

 光の色味としては、これまでのミニクリプトン電球に比べると、やや白味が強いものの、十分上手にわたし好みの電球色となっていると思う。
 音に関しては、ミニクリプトン電球に比べるとわずかに作動音が感じられるものの、蛍光灯や蛍光灯型電球に比べるとほぼまったく気にならないレベルのように思う、いまのところは。

 これまでのミニクリプトン電球使用時にはときどき眼球表面の乾燥感があったのだが、LED電球ではその乾燥感はいまのところ感じられない。ミニクリプトン電球使用時に、眼球表面の乾燥があるということは、おそらく皮膚の乾燥もあるのだろうから、美肌の観点においては、LED電球に軍配があがるのだろうか。

 LED電球には蛍光灯のように虫が近寄ってこない、という特性があると聞く。なにかにつけ小さな虫にまとわりつかれることの多いわたしとしては、その点にも期待を寄せる。
 小さい虫を寄せ付けないついでに、わたしの身体を蚊の襲来から守ってもらえるとなおのことうれしいのだけれども、LED電球とは別に蚊取り器は蚊取り器であるのだから、LED電球にそこまで望むのは酷だろうか。いや、これだけ値段が高いということは、それくらいの機能を併せ持っていてもかまわないとも思うのだが。いやむしろ、もし蚊除け機能を併せ持つのであれば、LED電球のこの値段はむしろ安いと言えるのか。

 わたしが電気蚊取り器や蚊取り線香を用いると、たしかに蚊の退治はしてもらえるのだが、そして蚊に刺され血を吸われることからわたしを守ることはできるのだが、それらの殺虫成分によりわたし自身まで若干退治されるのか、体調や使用環境によっては頭痛やしびれや気持ち悪さなどの症状が現れるのがつらい。
 天然除虫菊の蚊除け線香の場合は、頭痛としびれと気持ち悪さはずいぶんマシになるものの、その独特の煙とにおい(においそのものは嫌な種類のものではない)で鼻と目と喉の粘膜がしみるのがつらい。が、蚊に刺されるのを選ぶか粘膜がしみるのを選ぶかの究極の選択が必要な状況においては、この天然除虫菊蚊除け線香のお世話になることもある。そうやって究極の選択をしてお世話になったにもかかわらず、それでもなお蚊除け線香の結界をものともせずにわたしの皮膚に辿り着く輩(蚊)がときにいて、「蚊取り」と「蚊除け」はやはり違うのね、と痛感するのは少々かなしい。

 では、と、肌にスプレーまたは塗布するタイプの虫除けを用いると、成分がディートの場合にはやはり自分がやられた症状が生じる。ただしディートを用いると、蚊が近寄ってきても刺されない。しかし近寄ってくる蚊たちのそのフウンフウンとまとわりつく感が十二分に不快。
 自分がやられないようにしようと思うと、天然精油が原料の虫除けスプレーとなるのだけれど、この場合は、自分がやられる感はまったくないものの、蚊のほうもあまりやられないようで、わたしの血のおいしそうな芳醇な誘惑に抗えないのか、気合と根性でどこかしらを刺してくる。それでもこれを用いているほうが用いないでいるよりは被害が少ない。

 そういう各種個人的事情があることもあって、このLED電球なるものに蚊除け効果があるのなら、と夢想する。
 わたしが頭痛やしびれや気持ち悪さや粘膜がしみる感覚なしに安全に蚊除け効果を利用できるのだとしたら、それはかなり果てしなく夢がかなうと言えるように思う。
 そして、このことは、わたし個人だけの問題ではなく、わたし以外の人々や動物たちにとっても、特に自分の状態の表現や調整に難があると同時に代謝機能が低い幼年者などにとって、より安全に蚊をよけて安心して暮らすことにつながるのではないだろうか。

 おっと。LED電球観察日記のつもりが、蚊除け日記になりかけている。蚊との攻防についてはまた後日ゆっくり考えることにして、今日のところは、LED電球あつくないね、明るさもちょうどいいね、買ってよかったね、と、よろこび、寿ぐことに集中しよう。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (110)
仕事 (161)
家族 (301)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん