みそ文

会津に向かうその前に

 先月の四月二十九日は祝日だったけれど、夫もわたしも出勤日で仕事に励む。翌日の三十日から、夫と旅に出る予定で、夫の会社カレンダーに合わせて、少し長めの連休を取得している。
 わたしは二十九日の仕事で一緒になった同僚たちそれぞれに、「明日からしばらく長めのお休みをいただきますが、不在の間、どうぞよろしくお願いします」と挨拶をする。同僚たちは、それぞれ、みな、こころよく、「よいお休みを」と言ってくれる。

 ある同僚は、「今回は、どのあたりに行くんですか」と訊いてくるから、「福島県を目指してみようと思ってるんです」と答える。同僚は「ああ、それは、いいことですねえ。おいしいものいっぱい食べて、温泉にたくさん入って、福島経済に貢献してきてください」と言う。

 また別の同僚は、わたしが福島旅行を予定していると話したところ、「もしかすると、あちらのへんは、まだ揺れるかもしれないですから、もし、あんまり揺れるようだったら、手前の揺れないあたりで、おとなしくしてきてくださいね」と言うから、「はい。福島でも山側の安全なあたりを考えています。無理せず安全にいってきます」と、おりこうに応える。

 そしてまた別の同僚に「福島旅行の予定なんです」と話すと、「車ですよね。徳島は遠いですから、気をつけて安全運転で橋をわたってたのしんできてくださいね」と言う。
 「いや、四国の、とくしま、じゃなくて、東北の、ふくしま、です。ひらがなにすると一文字しかちがいませんが、方向や内容はだいぶんちがいます」と伝えると、「うわあ。徳島じゃなくて福島でしたか。聞き間違いました。でも、それは、いいですね。旅行でたのしい思いやおいしい思いをして、そのためにお金を使ってもらって、それがめぐりめぐって、福島の復興に少しでも役に立つなら、なおのこと、ぜひぜひ」と盛り上がる。

 三月までは新人二年目くんだった青年同僚は、この四月で入社三年目となり、「新人三年目くん」に変身した。
 帰り際に彼にも「長いお休みをいただきますが、よろしくお願いいたします」と挨拶をすると、先の同僚たちから「どうやら先生、旅行先、福島なんですって」と聞いていた新人三年目くんは少し胸をはって、「安心して、ゆっくり休んできてください。ぼくのぶんも、福島で、しっかりと、お金を使ってきてください」と言う。

 結局、翌日四月三十日は、夫が急遽出勤となり、それでは、と、わたしはゆっくりと一日かけて荷造りをし、旅行から帰ってきたときにぐったりとしない程度に、整理整頓掃除洗濯で家を整えることにして、出発は五月一日となった。

 五月一日に家を出て、高速道路を目指す車中で、夫に、「会社の人たちがね、こんなふうに言って送り出してくれたんだよ」と、先に書いた話をする。夫は「新人三年目くんは、笑わせてくれるのはいいけど、ぼくのぶんも、言うて、ぼくのお金をくれるわけじゃないんやろ」と言う。
「もちろん。気持ちだけだよ」
「そうやろ。だったら、そこで、せめて、では、キャッシュカードを貸していただけますか、暗証番号だけ教えておいてください、くらい、言うてやらなあかんやろ。そこは先輩社会人として、新人くんを、ちゃんと鍛えてやらんと。でないと、新人くんは、自分のぶんもお金使ってくださいって、おれ、うまいこと言うたなあ、どや! になってるで」
「その教育指導は、どういう観点で必要なのかな」
「インターナショナルな話術として」
「インターナショナルって?」
「関西的ボケツッコミのインターナショナルな基本形の観点でに決まってるやろ。でも、あ、あれ? 関西的ということは、インターナショナルじゃ、ないか」
「うん。インターナショナル、じゃ、ないね。新人三年目くんも社会人として、その他の同僚のみなさまも、わたしの勤務先会社も、そのあたりについては、あんまり求めていないみたいだから、無理強いしなくていいと思うよ」

 同僚たちの福島を思う気持ちに応えるべく、そして、新人三年目くんのぶんのお金もしっかりと使う気概を携えて、北陸自動車道を北へ北へとひた走る。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (160)
家族 (298)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん