みそ文

成長する人々

「水力発電」
当時小学三年生直前だった息子くんは、現在は小学校高学年の児童だ。息子くんの母である友人は、友人のお母上様に、みそさんのブログの「水力発電」のモデルは自分たち親子だから見てみて、と伝えたらしいのだけど、こんなに昔の過去ログに辿り着くのは、ちょっとたいへんだとおもう。ちなみにこのお母上様は、「ピーナツ豆腐の作り方(みそ記)」をご伝授くださったピーナツ豆腐師匠だ。

「幻の栗ご飯」
あれ以来、生協商品の取り入れ忘れがない。えらいぞ、わたし。

「肩までお風呂」
たしか、この続編的日記もあった気がするのだけど、いつのなんというタイトルだったか思い出せない。そのうち出てくるかな。

「総称」
最近よくご来店くださるお客様(ご年配の女性)は、毎回「チオビタンD」とご指名くださり、チオビタドリンクをご購入くださることもあれば、リポビタンDになさることもある。

「オロナミンD」
元気ハツラツでもファイト一発でも、オロナミンCでもリポビタンDでも、どぢらを飲まれても、元気にファイトが湧くのかも。

「チラシ特売」
よそのお店のチラシを握りしめてのご来店は少なくなったが、日替わり特売の曜日を間違えて「え、今日はこの商品が安い日じゃないの? 今日かと思ったのに」と言われるお客様は、ちょくちょくいらっしゃる。

「しやくしょ」
「市役所」や「河内長野」に比べたら、「あんぱん」「あんぱんまん」は、すばらしく発音がラクな語彙だなあ。

「防犯対策」
この話を読んでくれた友人が、「みそさん、それは、やっぱり、段ボールでドアを隠さんほうがええと思うわあ」と言った。しかし、あれ以来、家の鍵を見失うことがないわたし、えらいぞ。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (160)
家族 (298)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん