みそ文

こどもだまし

三月の下旬に、友人親子が連れ立って、福井に遊びに来てくれた。息子くんは鉄道博士でもあり、恐竜博士でもある。夏場には昆虫博士にもなるようだ。

大阪から「特急雷鳥」に乗るために、その雷鳥の旧式車両に乗るために、早朝から張り切って、早起きして、家を出て来たということだ。携帯電話のカメラ機能で、雷鳥の前側写真、雷鳥の後ろ側写真、雷鳥の横側写真も撮ってきた。雷鳥制覇のそのあとは、福井恐竜博物館だ。

恐竜博物館に関しては、私はすでに何度目かの見学だし、恐竜に対する興味はどちらかというと「ふつう」なので、「思う存分、ゆっくり見てね」と声をかけて、館内では別行動。私は一人、ライブラリーで手紙を書いてゆっくり過ごす。

友人と息子くんは、丁寧に丁寧に、展示物ひとつにつき三分以上かけていそうな丁寧さで、ゆっくりと、ゆっくりと、展示物を見て周る。

うん。うん。せっかくだからね、閉館まで堪能してね。と思いながら、大きな大きなガラス窓の、春の日差しを眺めながら、周りの空気の温かさを細胞のひとつひとつで感じて、うれしいなあ、しあわせだなあ、と、しみじみと時を味わう。

入館から四時間弱経った頃だろうか。全館閲覧し終えて、へとへとになった友人と、嬉々とした息子くんとが、ライブラリーにやってきた。「あら。もういいの? 閉館までいてもいいのに」と訊く私に、母である友人は「もう許してください」とつぶやき、息子くんは「また来たい!」と力強く言う。友人は、「次回は私も、ライブラリーで待ってるよ」とお疲れだ。

建物を出た後も、息子くんは、恐竜のオブジェに触り、恐竜公園で走り、恐竜滑り台を滑っては、滑り台の振動で「おしりがかゆいー」と笑う。

うん。もうね。そんなにね、愉しんでもらえたら、恐竜達も絶滅した甲斐があるし、化石を掘った人たちも、博物館を作った人たちも、報われるってものだろう。

お宿「どうやら」(我が家)での宿泊は、二人とも初めてだ。親子ともに、場所が変わると、上手に眠れなくなるのだと聞いてたけれど、少しでも、ゆっくりと、ぐっすりと、眠れるといいねえ。息子くんに、「おやすみなさい」と言ってから、ほんの少し経ったときに、息子くんが友人を呼ぶ声がした。「おかあさん、おかあさん、あのね、おかあさん、コンセント、抜いてもいい?」

「抜きなさい。自分で好きにしなさい」と友人が声をかける。私も横から顔を出して、「この部屋では、ほとんどなんでも好きなようにして大丈夫だからね。安心して眠ってね」とささやき声で言ってみる。友人が、お布団の枕元に近いコンセントを抜いてから、「はい。抜いたよ。もう寝なさいね。おやすみ」と言って、部屋を出てきた。

その後しばらく、居間でふたりで、あれこれお喋りしたあとで、友人に訊いてみる。「息子くんは、コンセントが繋がってるジーって音が気になるん?」

「そうなんよ。まあね。私もそうだから、彼の気持ちはよくわかる」
「私も私も。耳栓して寝るようになって、やっと気にならなくなったよ。でもさ、それなら、枕元のだけじゃなくて、足元の方のコンセントも、抜いておいてあげたら?」
「ううん。大丈夫大丈夫。さっきコンセント抜いたけど、お母さん、まだ音が聞こえる、って言うから、コンセントの音はね、抜いてから、だんだんと、少しずつ、小さくなって、聞こえなくなるのよー。ほぉらー、だんだんとー、小さくなってきたでしょー、って言っておいたから大丈夫」
「ええええ? そんなあ。微弱で微細な振動音の聴覚疲労はけっこうしんどいのに。そんな子ども騙しでいいの?」
「みそさん。いいんよ。彼は子どもなんじゃけん。いいんよ。子ども騙しで。さっきちらっとのぞいてみたら、案の定、超熟睡してるし。あんだけ早起きして、あんなに活動したら、そらあ、寝るよ。コンセントなんか関係ないない」

そうかあ。こどもだましって、いい仕事するんだなあ。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (111)
仕事 (161)
家族 (301)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん