みそ文

新人二年目くん

先月の後半に、これまで一緒に働いていた「新人三年目くん」が、他のお店に異動になり、代わりに別のお店から「新人二年目くん」が赴任してきた。新人二年目くんの特徴は、通勤かばんが買い物カゴである、ということだろうか。従業員は、ロッカールームのロッカーに、各自私物を片づけて、仕事をするのだけれども、二年目くんは貴重品のみロッカーに入れて鍵をかけ、それ以外のものは、通勤用買い物カゴに入れた状態で、ロッカールームのすみっこに置いている。

買い物カゴというのは、あの、スーパー等で買い物をするときに使う、あのカゴだ。どこかのスーパーの、レジ精算済み商品を入れてもらってそのまま持って帰ることができるタイプの、お客様が自分用に購入しておくカゴのような気がする。

二年目くんは、そのカゴの中に、時間があったら勉強しようと思って持ち歩いている商品に関する資料たくさんと、休憩時間に血糖値を上昇させるためのチョコレートなどを入れている。それと、お昼ご飯用のお弁当。お弁当箱は、ふだんは、プラスチックケースをふたつ。縦横二十センチくらいの正方形のケースの、ひとつにはご飯と梅干しが(チャーハンのこともある)、もうひとつにはおかずが詰め込まれている。先日は、おかずが入っているのが、お弁当箱のプラケースではなく、陶器のお皿だった。お皿の中にお肉と野菜の炒め物がたっぷりと入れてあり、ラップがかけてあった。職場の休憩室には、電子レンジが用意されているから、食べるときに温めて食べるとおいしいんだろうな。

お昼ご飯をしっかりと食べているということは、朝も夜も、食生活全般が整った家庭生活を営んでいるのだろうと予想できる。食が整っているからなのか、新人二年目くんは、仕事の手際が良い。売り場のいろんなことがよく見えて、いろんなことを落ち着いて考えて、必要な作業を重ねることができているなあ、と、傍目で観ていてもよくわかる。そして、同僚に対しても、お客様に対しても、常に精神的に安定した話し方をするなあ、とも感じる。けれど、なにぶん、まだ新人二年目くんだから、それに今の職場には赴任してまだ間がないから、知らないことがいろいろとある。たとえば、二年目くんがてきぱきと作ってくれた売り場の商品たちが、ばたんどさん、と、床に落ちてきて、なぜかしら、と見てみる。本来ならば「エス字フック」という名前の金具を使って、ネット面につりさげて固定しておくべきものを、普通のセロテープで軽くとめてあったがための商品転落であることがわかる。

「二年目さんが作ってくださった売り場の商品が、床に落ちてきたんですけれど、もしかして、台紙の紐の固定を、エス字フックじゃなくて、セロテープでされましたか」
「はい。テープで一か所止めただけなんで、弱いかなあ、とは思ったんですが」
「この商品、けっこう重量がありますからね。そういうとき用に、ここの引き出しのこの段に、エス字フックがありますから、必要な時には、使ってくださいね」
「ああ。エス字フックがあったんですか。わあ、たくさんありますね。じゃあ、これ使って固定します」
「はい。よろしくお願いします」

そんなふうに、少しずつ、仕事の手際の良さに加えて、確実さを強化するべく、連絡事項を伝える手間を惜しまないのが、私の立場の仕事だと思う。彼はきちんとご飯を食べて、きちんと仕事を重ねて、きっとよい仕事人に成長してゆくことだろう。

とりあえず、次回の記事に備えて、新人二年目くんの紹介まで。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (160)
家族 (298)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん