みそ文

しまったくんの活躍

夫は些細なことで、かなり頻繁に、「しまったー」と口走る。どんな過失があったのかと、以前は少しびくつきながら、「どうしたの」と訊いていたけれど、それを確認するたびに、あまりにもたいしたことでなさすぎて、場合によっては、かなりどうでもいいようなことだったから、最近では、「はいはいはいはい」と合の手を入れるにとどめている。

私にとっては「しまった」という表現は、夫が「しまった」を使うような状況よりも、もっとずっと、過失の度合いが高いときに用いるものだ。だからその使用頻度はかなり低い。けれど、私は、今日は、その「しまった」を仕事中に二度も使った。めずらしい。

一回目は、仕事中に、はっと、「しまったー。今日はいいお天気だから、出勤前に洗濯して、干してから出かけましょう、と思ったのに、洗濯機に脱水した洗濯ものを入れたままで出かけてきた」と気づいた時。しまったけれど、仕方がないから、帰宅してから、もう一度、今度はニオイ対策にクエン酸を入れてすすいでから、脱水して干すことにしましょう、と思いながら仕事をする。帰ったら洗濯しなおし、の気合を高めて帰宅する。なのに、洗濯機のところに来てみたら、洗濯機の中身がない。洗濯機の蓋が開けられており洗濯層を乾かしてある。あれれれれ。洗濯したのを干し忘れたと思っていたけど、もしかしたら、そもそもの洗濯そのものをしていなかったのかしら、といぶかしむ。それならそれでいいけれど、と思いながら、ベランダに面するカーテンを閉めようとしたところで、ベランダで乾いている洗濯ものの存在に気づく。私の知らない間に、いつの間に、いったい何者が勝手に干したのだろうか、と、その干し具合をじっと見る。そして、それは、まごうことなく自分の干し具合であることを思い知る。ああ、たしかに、そういえば、出勤前に、干したねえ、思い出したよ、いま、ようやく、と、自分の各種忘れぶりに感嘆する。帰宅した夫に、その話をしたところ、「逆じゃなくてよかったね。干したと思ったのに干してないより、干してないと思ったのに干してあるほうが、がっかりが少ないじゃん」と言う。

もうひとつの「しまった」は、店長との企画ミーティングを終えて、とある製薬メーカーの勉強会開催希望日(各店舗にて開催してもらえる)のファクスを送信し終えた時。送り先の担当営業さんの名前のあとに書いてある「行」を「様」に訂正するのを忘れたまま、送信したことに気づいて、「しまったー」。そのとき同じ事務室で作業をしていた店長が「どうしたんですか」と訊いてくれるから、「送り先の、行き、を、様に、訂正せずに、行き、のまま、送ってしまいました」と答える。店長は「まあ、勉強会開催希望日がちゃんと書いてあれば、いいんじゃないですか」と言ってくれる。「でも、勉強会開催希望日のあとの店名と電話番号のあとに、店長名を書くようになってたから、店長の名前を書いてるんです。だから、たぶん、ファクス送信責任者、店長ってことになると思うんです。ごめんなさい」と続けると、店長は「うう、それは、ちょっと」と言いかけて「いや、だいじょうぶです。だいじょうぶにします」と言い直す。とはいえ、やはり、気になるし、その製薬メーカーの担当営業さんあてに、今度はメールを書くことにする。「さきほど、送信したファクスの、送り先の、行き、を、様に、訂正しないまま送信しました。たいへん失礼いたしました」ということと、「当日は、有資格者のうち代表の数名が参加して習った内容を、後日店内勉強会にて他のスタッフに伝える予定にしております。もしも資料を用いての勉強会の場合には、当店の有資格者は七名おりますので、七名分分けていただけますと助かります。よろしくお願いいたします」という要望事項を書いて。送信者は、今度は、店長の名前と薬剤師の私の連名の形式にして。しかし、それなら、最初から、メールで希望日を連絡したらよかったなあ、だ。でも、まあ、二度手間にはなったけど、ファクスでもメールでも勉強会開催希望日を連絡したのだから、第一希望から第三希望のうちのどれかの日程で、勉強会は、きっと開催してもらえるから、いいよね。希望日の連絡自体をし忘れて、勉強会がないよりは、職場の仲間は喜ぶはず。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (161)
家族 (298)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん