みそ文

キティとプーと外国と

「キティさんの活躍」

キティさんのことを、私は「キティさん」と、さん付けで呼ぶのだけれども、私がそう呼ぶのを聞いた人がときどき、「キティに、さん、をつけるのは、珍しいよね」と言うことがある。ところが熊のプーに関しては、私はなぜか「プー」と呼び捨てる。以前の職場で、何かを話していたときに、同僚の子(当時小学四年生くらい)が、「プーさんのこと呼び捨てにしないで。ちゃんとプーさんって呼んで!」と私に訴えてきたことがある。彼女が持っているイラスト付きの何かをじっくりと見ながら、「ほら、ここに、英語で書いてあるでしょ。ウィニー・ザ・プー、って。イギリスやアメリカの子どもたちは、この熊のことを、プーって、親しみをこめて、さんをつけずに呼んでるよ、たぶん。だから、私も、プーでいいと思ってるの」と言うと、「そうなの?」と半信半疑で納得してくれる。

また、別のある日には、彼女の学校の宿題で、おそらく社会科なのだろうけれど、「日本から最も近い外国はどこでしょう」という質問が出てきて、授業を真面目に聞いていて、正しい答えを知っている気満々のその子が、私と医療事務の同僚に、「答え、わかる?」と訊いてきたことがある。医療事務の女性は、私よりもずいぶん年下だけれど、そういうところはちゃんと大人で、「どこだろうねえ。どこだと思う?」と、小学生の学ぶ心に丁寧に向き合う人だった。けれど、私は、「その、日本、というときの、日本の場所がどこかによって解答は違ってくるよね。沖縄県なら一番近い外国は台湾だから中華民国が答えになるし、秋田や北海道からならロシアのほうが近いだろうし、太平洋の小笠原諸島あたりなら、サイパンやグアムが最寄りの陸地でそれだとアメリカ合衆国が最もご近所ということになるし、日本でも西側エリアに関しては韓国、大韓民国が、一番近い外国になるかな。日本海側だと特に近いよね」と応えてみる。小学生は「ええ? そんなに、近い国いろいろあるの? でも、学校の先生は、韓国が一番近い国だって。そう習ったよ」と言うから、「社会科の地図帳持ってる?」と訊いてみると、ランドセルから地図帳を取り出してくれる。「えーと。日本地図と周りの外国が一緒に表示されてるページは、ここだね。沖縄県の一番端っこからだと、韓国と台湾とどっちが近い?」というかんじで、ひとつひとつ確認する。小学生は不本意そうに、「でも、学校の先生が、韓国だって言ったのに。先生は嘘を教えたってこと?」と言うから、「嘘じゃないよ。少なくとも、今私たちが住んでいる場所から距離を測るなら、きっと韓国が正解だよ。ただ、日本、って言ってもそれなりに広いから。日本と言うときの日本の場所がどこなのか、距離を測り始める地点がどこなのかを確認してから考えるほうが、地図を見たり考えたりするときの見方や考え方が広がって、社会や地理の勉強がもっと楽しくなるかなあ」と応える。小学生の母である同僚の薬剤師女性は、「くくくくく。面白いなあ」と笑いながら見ていてくれる。

その当時小学生だった彼女は、そろそろ成人する頃なのではないだろうか。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (110)
仕事 (161)
家族 (301)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん