みそ文

厳しいキティの家庭教育

虫よけ薬や虫さされ治療用塗り薬たちが年内で最も活躍するこの季節。本日ご来店の女性のお客様は、「虫さされのかゆみ治療用で」「ステロイドの入っていないもので」「部活の遠征に携帯しやすい小型の液体」という条件でご相談くださった。お客様の条件を満たす商品を一通りご紹介してみる。

「あ、そういえば、キンカンもステロイドの入っていない液体です。携帯するにはちょっと重いかもですが」
「キンカンは常備薬としていつもうちにあるんで、今回はそれ以外のものをためしてみたいなあ、と思ってるんです」
「それでしたら、ウナですかねえ。携帯しやすさ重視ということであれば、やや割高感はありますが、こちらのプチウナやポケムヒは小さくて軽くて持ち歩きがラクです」
「あ。これ、いいですねえ」
「プチウナは、中の成分は同じで、容器がブルーのとピンクのとあるんですよ」
「うーん。ブルー、か、なあ」
「ポケムヒでしたら、無難なデザインの濃いめの青色容器か、キティデザインのものかの二種類で、こちらも中身は両方とも同じです(キティとは、サンリオのキャラクターのひとつで、フルネームはハローキティ。猫を模した形態をしており、どちらかというと主に女児や少女や女性たちからの人気と支持が高いようだが実態は不明)」
「ああ、これは。キティのにします。うちの子、男の子なんで」
「えーと、キティがお好きな息子さんなんですか?」
「いいえ。興味ないと思います。でも、体育会系部活の男子たるもの、この手のボケツッコミくらいはお約束としてちゃんとできる子に育ってほしいので、これで練習してもらいます」
「うう。厳しい家庭教育なんですね」
「もちろんです。家でしっかり練習して、部活の仲間や遠征先の対戦相手からのツッコミにも、ちゃんとボケた返しをできるようになってくれるといいんですけどねえ。これにします。相談してよかった。こんなに目の前にあるのに、キティの容器の存在に全然気づいてなかったです。ありがとうございました」
「いえ、こちらこそ、ありがとうございます」

キティデザインのお薬に、こういうご家庭での事情や教育方針を背景とした需要があるということに、今まで気づきもしなかったけど、今後の接客の参考にメモしておこう。今回の接客中に(今回に限らず)私はボケもツッコミもしなかったけれど、私はあのお客様のそのあたりのご要望には応えてなくても、いいよね、仕事だし、関西在住中でもないし。とりあえずは、キティさんと息子さんの、遠征先での活躍を応援する念を飛ばしておこう。がんばれー。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (160)
家族 (298)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん