みそ文

顔面と頭皮の確定

私は、人物の顔や名前を記憶したり再現したりすることがあまり得意ではない。過去も現在も変わることなく得意でないその有様には、ある種安定感の高さがあるとすら言えるかもしれない。人物顔面形状の見分けが難しい私にとって、形状以上の印象情報、たとえば、「やさしそう」だとか「気が利きそう」だとか「人がよさそう」というレベルの話になると、顔面形状のどの部分を根拠にどのように推測してそういう予想がなされるのか、「教えを請う! たのもう! ドドドドドドドド」と、入門のための門を拳で強く叩きたい気分になる。

それが、少し前に、夫と話をしていて、突如気がついたのだけれども、「やさしそう」や「気が利きそう」や「人がよさそう」などについては皆目見当がつかなくても、「頭皮がやわらかそう」かどうかは、上手に予想ができるようなのだ。頭皮がやわらかそう、というのは、髪の毛が生えている地肌の部分をマッサージするときに地肌が柔軟に前後斜め左右に動くかどうか、ということで、この可動域が大きく動きに柔軟性が高い頭は、髪の毛が薄くなりにくいのと同時に、やや剛毛傾向にある。そして実際触らせてもらうことが可能な場合に確認してみると、私が「頭皮がやわからそう」と予想した人はちゃんと頭皮が柔らかくて、「頭皮かたそう」と思った人はそのとおりなのだ。

「どうやらくん! すごいよ、私。人の顔の見分けはつきにくいし、やさしそうも、気が利きそうも、人がよさそうも、全然わからないけども、頭皮が柔らかそうかどうかは、かなりの確率で確定できるよ!」
「よかったね(この上ない棒読み)」

夫の返答に躍動感がないのが少々残念ではある。と、ここまで書いて突如ひらめいたのだが、「やさしそう」という言葉は、「恋愛感情ではないけれど、好意に似た肯定感をおぼえていますよ」という意味を示しているのではないだろうか。誰かが「やさしそう」かどうかはわからなくても、「やさしそう」という言葉を用いる人の心情を紐解くことはできそうな気がする。その心情の真意を、私にとって明らかな表現に置き換えることができたら、会話時の、私の中の、「皆目見当がつかなくて入門の戸を叩く気分」が、「その表現の意味なら、わたくし既に知っていてよ。なんなら教えてさしあげてもよろしくてよ。おほほ」な気分に変身するかもしれない。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (110)
仕事 (161)
家族 (301)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん