みそ文

写真の腕前

夫が撮影した写真は、出来がよいことが多い気がする。旅先でふと振り向く私の姿や、大きな木の下で両手を広げてご機嫌な私の姿などの写真を見た友人知人が、「うわあ。どうやらくん写真撮るの上手だねえ。みそさんがすっごくいいかんじで写ってる」と言うことがある。そのたびに私は一応、「それはモデル(私)がよいということではないのか」と、確認してみるのだけれども、皆「わっはっはー」と笑った後に一様に、「いやいや、これは、どうやらくんの腕前がいい」と、念を押すように言う。夫は絵や図形を描いたり、工作で何かを作ったりするのが上手だから、写真を撮るのも上手なのかもしれない。でもそれは、写真をちゃんと撮れてこそのことではあるのだけれども。

夫は写真を撮ろうとして撮れないことや、撮ったつもりの写真が撮れていないことがある。どちらかというと、やや頻繁にあるかもしれない。これまで私が書き留めただけでも、首里城のとき、アルトのとき、雪の回廊のとき、と、その実績は豊かだ。写真を撮りそこなうことが、あまりにも再々あると、これはもしかすると、夫としては何か一種の芸の披露をしてるつもりなのだろうか、だとしたら、こちらとしてももっと何か様式美のある「合いの手」や「ツッコミ」を入れるべきなのだろうか、と思いそうになることもある。けれど、妻としては、ここはあえて、努めて静観を装う。

それにしても、夫は、ちょくちょく写真を撮り損ねるけれども、カメラマンになることを目指したり希望したりしたことがないから、別段なんの問題もなくて、本当によかったなあ、と思う。そしてやはり、夫は今も、カメラマンになることを目指したり希望したりしていない。ということは、もうそれだけで、彼の人生の半分以上は大成功といえるような気がしてくる。そう思うと、夫自身も、夫の両親も、進路指導の先生も、誰も夫がカメラマンになることを思いついたり勧めたりすることなく、いい仕事をしてきたよなあ、と、両腕を組んで、しみじみと、一人深々と頷く。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (112)
仕事 (161)
家族 (301)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん