みそ文

大人も子どもも気をつけて

職場の同僚が通りすがりに、「どうやら先生、きいてー!」と声をかけてきた。「はい、なになに?」と問うと、「私、今、胴体にコルセットしとるんじゃけど」と、相変わらずの濃い広島弁(北陸ではまず耳にすることのない)で話し始める。

「コルセットだなんて、どうしたんですか?」
「それがよね。一昨日の夜、うちの子どもら(小学校低学年と幼稚園児の女の子二人)が、椅子に登って立って、そこから、だんなに向かって、おとーさんーっ! いくよー! ジャンプするよー! うけとめてー! 言うてから、ジャーンプ、って飛んじゃあ、だんなに抱きかかえてもろうて遊びようるのが、あんまりにも面白そうじゃったけん、私もしちゃろう思うて」
「いや、それは、ちょっと、小さい子どもの体と、大人の体じゃあ、ずいぶん違うような気がする」
「もう、そのとおりよ。私が椅子に登って立って、おとうさん、いくよー、受けとめてねー、言うたときも、だんなは、おい、おまえ本気か、いうて驚きようたわ。でも、娘らも、きゃあ、おかあさん、がんばってー、ジャンプー、ジャンプー、言うて、まあ、あの子らは、もう、ようけいジャンプして興奮してラリったみたいになっとるけん、そう言うわいねー。ほいで、私も、いくよー、見とってよー、いうて、ジャーンプ、って飛んだところまではよかったんじゃけど、抱きかかえてもろうたつもりが、たぶん、だんなの肩かどこかの角に脇腹をぶつけたみたいで、ゴキ、みたいな、ゴリ、みたいな音がして、激痛がきて」
「うがあ。痛そう。ご主人の肩は大丈夫なんですか?」
「それが、なんともない、言うんよ。どこにぶつかったんかも、わからんのんじゃって。だんなはだんなで、一応は、私のことも、子どもらとおんなじように抱きとめてはくれたんじゃけど、私の体が大きかったんじゃろうねえ」
「うーん、それは、やっぱり、大きいじゃろう。で、ゴリ、とか、ゴキ、の音と痛みの後は、どうなったんですか?」
「もうねえ、うずくまって、痛い痛い痛い痛い、息ができん、言うて、じーっとしようたら、だんだん動けるようになったんじゃけど、昨日、仕事に来ても、あんまりにも痛うて、息しても痛いし、お菓子の補充をするのにも、お菓子の箱なんか軽いのに、持ち上げるたんびに、痛っ、痛っ、ってなるけん、みんなが、そんなんおかしいって、病院行きんさい、言うてじゃけん。昨日、どうやら先生休みじゃったじゃろ。おっちゃったら、どうしたらええか聞こう思うたんじゃけど」
「それは、私がおっても、やっぱり、整形外科に行きんさい、いうて、言うだけじゃったと思うけど、実際行ってみたら、どうなっとったんです?」
「レントゲン写真撮って診てもろうたんじゃけど、ここの肋骨一本とその周りの軟骨が、本来の位置からずれたところにきとるとかで、しかも、軟骨が骨の周りにおらんといけんのが、ずれてはがれたみたいになっとるんじゃって」
「うがあ。うがあ。痛そう。もう、椅子からジャンプとか、激しい遊びを家庭内でするのは、大人はやめましょう」
「ほんまよお。ええ勉強になったわ。大人の体と子どもの体は違うんじゃいうて、ようわかった」
「大人の遊びを子どもがするのもやめたほうがええんじゃろうけど、子どもの遊びを大人がするのも、気をつけたほうがええんじゃないんじゃろうか」
「ああっ、もうっ、そのとおりっ。子どもは子ども、大人は大人。それぞれに気をつけんにゃあいけんわ」
「で、しばらく通院するんですか?」
「あ、それが、湿布して、コルセットで固定して、どうしても痛いときには痛み止め飲むだけ、それだけしかしてもろうてないんじゃけど、それだけしかできんもんなん? なんかこう、もっと、すぐに治るようなことは、できんのん?」
「その、それだけ、が、重要なんじゃん。きちんと固定して、骨と軟骨を元の正しい位置に戻してやらんと。固定せずに放っといたら、痛いのをかばおうとして、無意識のうちにゆがんだ姿勢になるけん、骨や軟骨が元の位置に戻りにくうなるし、そのままへんな場所で固まってしもうたら、今回怪我したところだけじゃなくて、他の部分にも負担がかかるようになるけん。怪我するのは一瞬じゃけど、治すのには時間がかかるけん、気長に気長に」
「そうなんじゃ。ほんじゃあ、がんばって、コルセットで胴体をまっすぐにして、正しい位置に骨と軟骨を戻しちゃらんにゃあいけんのんじゃね」
「そうそう。もう椅子に登ったり、ジャンプしたりせんと、コルセットして、おとなしゅうしといて」
「わかった。もう、ほんまに、あの遊びは絶対せんわ。面白そうじゃ思うたんじゃけど、こがいなことになったんじゃあ、いけんわあ」
「仕事にも差し支えるし、他の生活にも不便じゃし」
「ほんま、ほんま」
「とりあえず、もう、椅子から飛ぶのはやめましょう」
「わかったけん、もう飛ばんけん。だいじょうぶじゃけん」

痛みは伴っているものの、欠勤せねばならぬほどの怪我でなくて、本当によかった。大人も子どももそれぞれに、気をつけるべきことを気をつけながら生きてゆこう。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (110)
仕事 (161)
家族 (301)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん