みそ文

嬉しい飴

推定四歳の男子のお客様。ドリンク十本箱の補充作業をする私に近寄ってきて、「これ!」と、言われる。同じ目の高さになるよう、しゃがんで、これ! を見てみる。キャンディの袋。

「この飴、おうちの方に、買ってもらえることになったんですか?」
「うん!」
「それはよかったですね」

推定四歳男児は、「うん! これ! これ!」と、キャンディの袋を裏返して私に見せてくださりながら、「これ! たべたらかわる!」と、元気よく教えてくださる。食べたら変わる? はてさて、なにが? よく見てみると、キャンディは人型で、最初は緑色をしているのが、なめているうちに、だんだんと、黄色や紫に変わったり、変わらず緑のままだったり、だという説明が書いてある。

「わあ。面白そうですね」
「うん! でも、かえってから、てをあらってから、ごはんのあとで、たべる」
「そうですね。おうちに帰ってから、手を洗って、うがいもしてから、ちゃんとご飯食べてから、飴を食べてくださいね」
「うん!」
「手を洗うのも、うがいをするのも、一人で上手にできますか?」
「できる!」
「そうですか。よかった。がんばって、きれいに洗ってくださいね」
「うん!」

キャンディの袋を握り締め、ご両親と思われる大人の人と、妹さんと思われる推定2歳の女児と、レジに向かう姿は、とても嬉しそうで、嬉しいの顔を何度も何度も、ご両親に向けていて、飴というものの力を、飴が人にもたらす幸福を、あらためて思った日。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (161)
家族 (298)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん