みそ文

夫の日記(Weblog)

 夫は、ときどき、私の日記を読む。
 そして自分のことが書いてあると、「また嘘が書かれてる!」だとか「俺の悪口ばっかり書くなー!」と言う。
 あんまり夫ネタが続くと、「みそきちが寝てる間に、勝手にみそ文に、『皆さん。こいつに騙されないでください。』って書きこんでやるー!」と息巻いたりもする。
 夫婦といえども、人のアカウントに許可なく勝手に入って勝手に書くのは犯罪です、と、たしなめる。すると夫が「じゃあ、どうすればいいんだ? どうすれば、俺の言い分を聞いてもらうことができるんだ?」と訴えるので、「どうやらくんも自分のブログを開設したらいいんじゃない?」と提案する。

「ブログを開設したら、みそ文からリンクで見に行けるようにしてくれる?」
「もちろん。みそ文だけじゃなくて、みそ記からも、みそ語りからも、リンクするよ。」
「そしたら、みそきちの日記を見に来た人が、読みに来てくれるかな?」
「うーん。それはわからんけど、見に行ってみて、面白いなあ、と思った人は、また見に来てくれるんじゃないかな。」
「みそ文で、夫が裏日記書いてます、って宣伝してくれる?」
「うん。書く書く。私も見に行くし。」
「だいじょうぶかなあ。みんな見に来てくれるかなあ。」

 私の記述に対して、物申し、正すことが目的だったはずなのに、いつの間にか、自分の日記を読んでもらえるかどうかに、興味が移ったようだ。
 いつのことになるやら、だけど、無事に開設に辿り着いた暁には、愛読して、更新を楽しみに、できるようになるといいなあ。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (161)
家族 (300)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん