みそ文

旅のおやつ(さざえ)

 数年前の新潟県佐渡島旅行。

 自家用車ごとフェリーに乗って島に渡る。
 島では毎日、「日本海の幸」三昧。ちょっとした土産物屋さんでも、お手軽な回転寿司屋さんでも、私の大好きな「さざえのつぼ焼き」を気軽な値段で食べられる。
 十時のおやつにさざえのつぼ焼き、お昼ご飯にさざえのつぼ焼き、三時のおやつにさざえのつぼ焼き、夕ご飯にもさざえのつぼ焼き。
 夫は「いくらなんでも食べ好きなんちゃう?」と心配してくれるけれど、大丈夫、大丈夫。一個一個はちっちゃいし。

 土産物屋の店先で、ちょろりとベンチに腰掛けて、はむはむほむほむと、さざえのつぼ焼きを頬張っていたとき。
 通りすがりに私の姿を見た小学生男子が、同行の両親に向けて、大きな声で訴える。「お父さん! ぼく、サザエ食べたい! サザエのつぼ焼き食べたい!」。
 しかし少年の父親は、「サザエなんて食べんでいい! あんなジャリジャリしたもん食うな。全然うまいことないやろ。こういうところでは、ソフトクリームを食っとけばええんや!」と豪語する。
 少年は「ソフトも好きやけど、サザエ……。」と意気消沈。

 ああ。少年よ。今はまだ、自分が一番ほしいものを、ほしいときに、手に入れることは、難しいかもしれないけれど、大きくなって、働いて、お金をためて、自力で旅行に行くようになれば、ある程度、好きなときに好きなものを、食べたり飲んだりできるからね。さざえもこうやって自由自在に頬張れるようになるからね。大人になるって素敵だよ。地道にこつこつがんばって、いろんなことが自分でちゃんとできるように、大きくなっていくんだよ。応援してるね。はむはむ。ほむほむ。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (160)
家族 (298)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん