みそ文

口癖は、しまった!

 夫は、ふとしたことで、「しまった!」と口走る。
 結婚して十年目くらいまでは、私もそのたびに、いちいち、「えっ。どうしたん? 何があったん?」と、少し驚いて問い返していた。しかし近年に至っては、「はいはい。今度は何ですか?」と言えばいうし、それも言わずに、次に彼がどう言うか、黙って待っていたりする。

 私にとって、「しまった!」という言葉は、かなりうっかりして、相当困った状況になったときに使う言葉だ。だから、「えっ。どうしたん? 何があったん?」と、少しどきどきしながら、以前は夫に訊いていた。
 けれども、夫の返答は、「今日は、カープの試合がテレビであったのに、見るの忘れとった!」だったり、「今日はカープが勝ったけん、スポーツニュースを見るつもりじゃったのに、うたた寝しとるうちに終わってしもうた!」だったりするのだ。もはや私には、いったい何が「しまった!」なのか、心の底からわからない。

 そんな夫の、最近の「しまった!」は、沖縄旅行から帰ってきてからのこと。
 夫が「ああっ、しまったー!」と言うのが聞こえて、しばらく、じっと、夫の姿を目で追う。夫は居間の隣の和室から、CDを持ってきて、「ほら、これ、見て。」と私に言う。彼の好きな「ケツメイシ」という音楽グループのCDだ。別にCDは壊れているふうでもないし、何が「しまった!」なのか、私には全く予想がつかない。

「ほら、これ。ここ。この場所。沖縄の首里城の階段の前じゃろ。ケツメイシのCDジャケットは、季節や着てるものは違っても、場所は毎回同じところで、首里城の階段のところじゃったんよ。かー。沖縄に行く前に、このことに気づいていれば、ケツメイシと同じ場所で写真撮っといたのにー。知らんかったー。」

 ケツメイシのCDジャケットと同じ場所で写真を撮ることの喜びも、私には、もうひとつふたつわからないが、ここは仲良し妻として、和やかに応えたい。

「そうか。じゃあ、また、一緒に沖縄に行こうよ。また、首里城、行こうよ。今回はどうやらくん、首里城に、ちゃんとカメラ持って行ったけど、フィルムがいっぱいになったやつを持って行ったけん、一枚も写真が撮れんかったじゃん。もしも、旅行前にCDジャケットのこと知ってても、フィルムがなかったら、やっぱり、撮れんかったじゃろ。むしろ、ケツメイシのCDジャケットの背景のこと、気づかずに行ったけんこそ、あのときにも、ああ、フィルムいっぱいじゃったー、だけで済んだんじゃん。よかったじゃん。長生きして、また今度のお楽しみにしようや。」
「そんなにフィルム、フィルム、言うなー。そんなん言うなら、今度こそ、デジカメ、買う!」
「そうなんやー。いいの買えるといいねー。そしたら今度は、充電を忘れんようにしたらいいねー。」
「人のこと、忘れん坊、みたいに言うなー!」

 うーん。なにやら、何を言っても、お気に召さないようである。しかし、かといって、「うわーん。残念。私も、ケツメイシと同じ場所で、写真撮ってほしかったのにー。」と言ったのでは、嘘過ぎるしなあ。なんて言えばいいんだろう。
 あ。そうか。あんまり多く語らずに、「そうか。それは残念じゃったね。また一緒に沖縄行こうね。今度はあそこで写真撮ろうね。」だけ言えばいいのか。やれやれ。しまったな。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (161)
家族 (298)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん