みそ文

きこり用マスク

 私が勤務する職場では、マスクも販売している。先日、本社商品部から、「不織布マスク60枚入りにおいて、商品の印字ミスが発覚しました。店舗にある全ての在庫で印字ミスがないか確認後、該当商品は返品してください。」という連絡書がきた。

 私の勤務先店舗では、すでにこのメーカーのこのタイプの商品は完売して、店頭にはなくなっていたので、確認する必要もないが、確認することもできない。すでにお買い上げくださったお客様のお手元に、印字ミスの商品があるのかもしれないことが、たとえどれほど気になるとしても。

 ところで、その印字ミスとは、どんな内容だったのか。ちなみにこの商品は、中国製だ。現地従業員の方が、印字用活字を選ぶ時に、どうしても違いがわからなかったのだろうか。最終チェックを行う日本語が自由自在なはずのスタッフも、老眼がひどくて気づけなかったのだろうか。そういう私も販売中に、そんなところ一度も読みもしなかったけれど、こういうチェックは販売者としても担う仕事なのだろうか。

「花粉、木コリを強力にシャットアウト。(誤)木コリ→(正)ホコリ」
「息苦レさが無く、鼻のラインにフィット。(誤)息苦レさ→(正)息苦しさ」
「万一、皮膚にカコミ、カブし等異常があらわれた時は使用を中止してください。(誤)カコミ、カブし→(正)カユミ、カブレ」

 マスクで「きこり」を防ぐのは、きっと無理。

 もうすでに、売れてしまったものは仕方ないけれど、もしもお客様がご自宅にて、この印字ミスに気がついて、気持ち悪いよう、と思われて、こんな印字ミスをする会社のマスクは怖くて使いたくないなあ、と思われたときには、返品返金に応じましょうね、と、いうことにしている。が、いまのところ、その申し出はない。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (161)
家族 (298)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん