みそ文

お年玉の愛と意気込み

 幼馴染のめいちゃんは、毎年姪っ子さんたちに、千円ずつ、お年玉をあげていたそうだ。これまでは、何の問題もなく、その千円ずつを、喜んでいたというのに、小学校で算数の知恵を授けてもらってきた昨今、昨年末におもむろに、「ねえ、めいちゃんって、けちんぼ、なん?」と、姪っ子達が聞いてきたらしい。「なんで?」と、問うめいちゃんに、姪っ子たちは、「だって、お年玉、他の人は、みんな、二千円くれるのに、めいちゃんだけ千円じゃもん。」と、応える。

 めいちゃんの両親(姪っ子達の祖父母)も妹夫婦(姪っ子達の親)も、二千円ずつやっていたのか、と、知ったのも初めてだが、「だからといって、それに合わせる気はないんじゃ!」と、息巻くめいちゃん。

「今回は、500円玉二枚+100円玉2枚のポチ袋と、100円玉12枚のポチ袋と、二種類用意して、二人にどっちがずつを選ばせてみるわ。どっちを選んでも1200円じゃけど、重さや感触が微妙に違うんよ。それか、金額に差をつけて、運試しさせてみるか。くう。どっちにしても、ふたりとも、もめるじゃろうねえ。私の母は何かと言うと、あの子ら二人がケンカせんように、同じようにしちゃらにゃあ(してやらなければ)いけん、言うんじゃけど、そうやって甘やかす人ばっかりじゃあ、あの子らも、世の中面白くないじゃろう思うんよ。まあ、それでやってみて、母と妹から、非難轟々禁止命令が出たら、次回からはまた別のやり方を考えるわ。」

 めいちゃんの、おばとしての、姪っ子さんたちに対する、愛と意気込みを感じた、帰省のひとときであった。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (112)
仕事 (161)
家族 (301)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん