みそ文

立腹発露の道

 昨日の日記「おでこ自慢」で、夫の足裏によって、私のおでこが踏まれた事件を書いたところ、それを読んだ実家の母が、拍手コメントを送ってきて、こう書いてくれていた。

「もっと腹を立てなさい!」

 そうだったか。あれは、立腹すべき事件だったのか。立腹というのは、なかなかにタイミングが難しい。今更あの日の「おでこ踏み」を、夫に訴えて暴れるのは遅すぎるし。夫も自分のしたことに、たいそうびっくりしていたし。踏んだというよりも、ちょっと謝った部位を使ってスキンシップしてしまった、というかんじであったし。

 ともあれ、いろんなことを、特に立腹関係は、その場で瞬時に速やかに発露したいものであるのだが、そう願い続けて数十年、いつ何時でも立腹発露達人の域に辿り着くのは、いつのことになるのだろう。どうかできれば、生きてる間でありますように。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (160)
家族 (298)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん