みそ文

ラブラブホテル

 年末年始に帰省した実家で、自分の荷物を整理していたら、傍らで、姪っ子のみみがーが、私の荷物を見ては、これなに? それなに? と質問してくる。
 ビニール製の巾着袋(ホテルや旅館で歯ブラシやタオルなどを入れて用意してある袋。それをもらって帰って再利用している)には、石けんや歯ブラシや歯磨きなどをまとめて入れているのだが、それを見つけたみみがーが「みそちゃん。みそちゃんは、どうやらくん(夫)と二人だけで、ホテルに泊まったこと、あるん?」と、訊いてくる。

 それはまあねえ。夫婦だし。二人とも旅が好きで、あちこち旅行に出かけるし。外泊は多いほうかもしれないねえ。二人とも、できれば野宿ではなくて、できれば車中泊ではなくて、ある程度、清潔な部屋の、清潔なお布団で、眠りたい欲望があるからなあ。
 と思ったから、「うん。あるよ」と応えたら、みみがーは、自分の両腕を自分の胸の前でぎゅっと抱きしめるようにして、「きゃあっ。アイラブユウ!」と、やや叫び気味に声を出して興奮。

 ひと昔前の言い方であれば、「うわあ、ラブラブー」「ひゅーひゅー、アツイねー」などと言って、はやしたてる文化があったものだが、あれに似ているのか?それの現代小学生版、なのか?

 その後、他にも、なにかというと、「みそちゃんは、どうやらくんと二人で」の質問をしてきては、飽きることなく、「きゃあっ。アイラブユウ!」を繰り返す。なんだか「アイラブユウ」の念を大量に浴びた気分だ。

 おかげさまで、基本仲良く、概ね夫婦円満に、暮らしております。ありがたや。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (161)
家族 (299)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん