みそ文

間違い電話

我が家では、基本的には、登録電話番号以外の番号からかかってきた電話には、留守番電話対応することにしている。商いをしているわけではないし、用事のある人は限られている。メッセージを聞いて、出るべき相手であれば出るし、あとからかけなおしたりする。荷物が配達される予定があるときには、配送業者さんからの在宅確認電話かな、と思って出ることもあるけれど、それで、業者さんだったときには、業者さんであることを登録しておく。留守だからといって、メッセージを残さずに切る人は、それほどたいした用事ではないからそうするのだ、と判断する。こうするようになってから、勧誘電話の面倒くささはほぼ全くなくなり、当然詐欺系の電話もない。防犯対策もばっちりだ、と、ご満悦だ。根性のある勧誘屋さんは、名を名乗り、またお電話します、とメッセージを残してくれるが、こちらが用事のない勧誘屋さんの場合は、またお電話くださっても出ない。(なので、もしも、友人知人親戚等の方で、連絡が必要な方で、まだ我が家に登録されていない番号からかけてくださる場合は、ぜひメッセージを残してください。)

こういうシステムにしていても、たまたまなんとなく、あ、あそこのお店からの、商品入りました、のお知らせかも、お店だから電話番号が複数あるのかも、と思ったりして、受話器をとることがある。先日も出勤前に電話が鳴り、番号は市内局番だったので、本の注文をした本屋さんかなあ、と思い、受話器をとった。受話器をとっても名は名乗らない。「はい」と一言だけ、丁寧に言う。すると相手は少し年上風の女性の声で、「あ、あけみちゃん? ちょっと、お母さんにかわってくれるかな? お母さんいるやろ?」と、とても馴れ馴れしく話しかけてくださった。「いえ、ちがいます」と応えたのだが、「何言うてんの? あけみちゃんやろ? お母さんに用事やねんて」と、今度は幼女をたしなめる口調で話しかけてくださる。たしかに私は、声のトーンがやや高いが、幼女ではないので、今度は少し落ち着き気味に「失礼ですが、何番におかけですか?」と尋ねてみる。それでようやく相手の人も「え? ちょっと待って。ありゃ。二四にかけたつもりなのに、押し間違えたわ。」と言われる。「大丈夫ですかね? では、かけ直してみてくださいね」と言うと、ようやく「まあ、すみませんでした。」となり、解決、出勤に至った。

たまたま出た電話で、間違いを教えてあげられれば、こうして解決するのだが、留守番電話に間違い電話のメッセージが残っている場合、それを後で聞いた場合、なんともしてあげられない感が生じる。何年か前に、お盆だか年末年始だかの、広島帰省から戻ってきて、留守番電話を聞いたとき、全く見知らぬ人の番号の着信履歴とメッセージが入っていた。再生してみると、「あ。お母ちゃん。あんな、お土産の漬物、たぶん倉庫の棚の上に置いたまんまで、手渡すの忘れててん。腐るといかんし、早めに冷蔵庫に入れて、食べてなー」メッセージの受信日時は、すでに三日以上前。漬物の存在に、お母ちゃんは気づかれただろうか。それとも腐ってしまっただろうか。かといって、こちらから電話をかけてあげて、間違い電話で漬物のメッセージが入っていましたよ、と教えてあげるほどのことではないような気がするよねえ、と夫と話して、そのまま放置することにした。気になりつつ。我が家の留守番電話の応対メッセージは、電話の機械に付いている音声をそのまま使っているのだけれども、それで殆んど不便も問題もないのだけれども、あの漬物電話を思い出すと、自分でこちらの電話番号を名乗る対応メッセージを録音して使おうかなあ、と思う。けど、あれ以来、そんなうっかり電話もないので、いいことに、している。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (110)
仕事 (161)
家族 (301)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん