みそ文

もち米キャンペーン

夫が出張のついでに広島の実家に立ち寄り一泊。義母手作りのおはぎを、夕ご飯と、翌日のお昼ご飯に食べてきた。

「どうやらのお母さんは、久しぶりに帰ってくる息子に、好物のものをふるまってやりたくて、作ってくれちゃったんじゃね(作ってくださったのね)、きっと。」と言う私に、「いいや、そうじゃない。なんでメニューがおはぎじゃったか、わかった。訊いたら、最近近所の農家あちこちから、ようけい(たくさん)もち米もらったけん、使わんにゃあいけんけん(使わないといけないから)、じゃった。それに、かあさん自身がおはぎ好きじゃけん作るんじゃろう。」と言う夫。

もち米がたくさんあるからで、もち米消費強化月間だとしても、母自身がおはぎ好きだとしても、それでも息子の帰宅に合わせて、おはぎを作ってくださるのは「母の愛」ではないか。

けれども、夫が「いいや、そうじゃない。」と言うときには、妻の言説をとりあえず否定したい「脳内こびとくん」がお出ましになっているときなので、これ以上何か言っても、どうせもう聞きゃあしないし、今宵は、これまでと、いたしとうございます。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (110)
仕事 (161)
家族 (301)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん