みそ文

宿便からのお知らせ

少し年配の女性のお客様が、お買い物カートを押しながら、声をかけてくださった。「ここのへんは何のあたり?」

私はちょうどそのとき「貼るカイロ三十枚入り」の補充作業をしていたので、「はい。こちらは、冬の間、カイロなど温めるもの関係にしております」と、明確にお答えした。

すると、そのお客様は、「いやいや。カイロじゃなくて、ここの場所じゃなくて、私の体のここのへん」と、右手のひらで、右下腹部をぐりぐりと押して見せてくださった。

「わあ。たいへん失礼いたしました。そのあたりですと、中に入っている臓器は腸ですが、女性の場合は、子宮の違和感をそのあたりで感じることもあります」
「あ、私はそれは大丈夫。もう子宮は癌で摘出してるから、子宮はないの。だから大丈夫。そうかあ。腸かあ」
「何か違和感がありますか?」
「うーん。便秘というわけではないのだけど、毎日便は出てるんだけど、なにかこう便秘みたいな感覚かなあ。つい最近胃癌健診も大腸癌検診も受けて異常なしだったから、ガンの心配はないと思うのよ」
「がん検診で異常なしなら一安心ですね。でしたら、便秘、というわけでなくても、体はときどき宿便をまとめて出したいタイミングがあるみたいなので、それかもしれませんよ」
「あら。まあ。そうなの。それならたぶんそうやわ。そんな感じやもん」
「そういうときには、ビオフェルミンなどのような整腸剤を使ってみてもいいですし、最近召し上がってないのであれば、ヨーグルトを食べてみたり」
「あ! それやわ。最近ヨーグルト食べてないわ。」
「ヨーグルト以外にも、納豆やヌカ漬けもよろしければ」
「あ。だめだめ。私、納豆は食べられん。ヨーグルトよ。ヨーグルトやわ」
「そうですか。では、ぜひヨーグルトを少し続けて食べてみてください」
「うん。そうするわ。それでももうひとつやったら、整腸剤買いに来るわ」
「ヨーグルト召し上がって、水分多めに摂って、お腹をのの字マッサージしてあげてください。たぶんそれでスッキリいっぱい出るはずです」
「はあー、よかった。解決、解決」

いやいや。お客様。解決は、出し切ってから、です。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (161)
家族 (300)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん