みそ文

不二子

どういう経緯(いきさつ)だったのか、全然はっきり憶えていない。ただ、その日はどうしても、夜(夕方)の六時半ごろから七時半過ぎくらいまで、出かける必要があった。ああ、もしかすると、秋祭りの準備だったのかもしれない。子ども会の子ども達は、お祭りの時に笛をふく。その練習に集まることになっていたのかもしれない。弟と私はそれに参加する年代の子で、妹一人が、まだ小学校に入っていなかったのだろうか。とにかく、弟と私は出かける必要があり、妹は家にいる日のことである。

その日はテレビのアニメーションで、「ルパン三世」が放映される。私も弟もルパンファンで、毎週の放映を楽しみにしていた。でも、その日はちょうどルパンの時間に、二人は出かけているのである。困ったな。その時代、まだビデオ等の録画設備は存在しない。どうしたものか。困ったな。私が新聞のテレビ欄を見ながら、うんうん考え込んでいると、妹がとてちてと近寄ってきた。そうだ!

「ねえねえ、あのね。ねえちゃんと、にいちゃんが、出かけてていない間、家でルパン三世、見といてくれるかなあ?」
「うん。いいよ」
「でね、どんなお話だったか、ねえちゃんたちが帰ってきたら教えてほしいんよ」
「うん。わかった!」
「わあ。ありがとう。頼むねー」
「うん!!」

よし。これで万全だ。安心して出かけていく。帰り道、弟が、走り出しそうな急ぎ足で歩きながら「ねーちゃん早う(はよう)帰らんにゃあ。ルパンの最後も終わるよ」と言う。彼は全部は見れなくても、最後の一部でも見ようと思っていたらしい。

「急がんでもだいじょうぶー。やぎ(妹)がね、見といてくれて、あとで教えてくれるってー」
「そうなんじゃー。あー、よかったー」

と、二人でゆっくり歩いて帰る。家について、悠々と、妹のところにいく。「ルパン見てくれた?」妹は自信満々誇らしげに「うん。みたよ」とこたえる。

「どんな話だった?」
「えーとね、ふじこが、いいわよ、っていった」
「ええと、不二子はなんで、いいわよ、って言うたん?」
「わからん」
「ええと、不二子がいいわよ、って言う前は?」
「わからん」
「ええと、じゃあね、不二子がいいわよ、って言った後は?」
「わからん」
「ええと、じゃったらねえ、ルパンはどんなこと言いようた(言ってた)?」
「わからん」
「じゃ、次元は? 五右衛門は? 銭型警部は?」
「わからん」

「わーん。かあちゃーん。やぎがー。やぎがルパン見といて教えてくれるって言ったのにー、不二子の、いいわよ、だけしかわからん、って言うー!」と私は母に告げ口して嘆く。妹と私のやり取りを見ていた弟も、「わーん。かあちゃーん。ねえちゃんがー。ねえちゃんが、急いで帰らんでもええ言うたけん、走らずに帰ってきたのにー。ルパンが全然見れんかったー!」と訴える。

母はたいへん落ち着いて「やぎはちゃんと頑張って全部見ようたよ」と教えてくれる。

「でも、やぎは、不二子が、いいわよ、言うたのしか憶えてないって言ったよ」
「そりゃあ、仕方ないわいねえ。やぎはまだ小さいんじゃけん、みそやしめじ(弟)みたいには、ようけい(たくさん)のことはいっぺんに憶えられんのんよ」

そうか! そうだったのか。小さい子とは、そういうものだったのか。知らなかった。

続いて母は弟に言う。「しめじも焦って走らんと、ゆっくり歩いて帰ってこれてよかったじゃん。夜道で暗いのに走ったら、こけて怪我しとったかもしれんよ」

うう。うう。きっと世の中にはこんな、私や弟みたいな思いを抱えた人が、たくさんいたに違いない。その思いの蓄積が、ビデオ等の家庭用録画設備の開発に繋がったはず。

妹には「ありがとね。今度はね、大きくなったらね、不二子だけじゃなくて、ルパンや次元や五右衛門や銭型警部や他の人が、何をしたのか、何言ったか、も、おぼえておいて教えてね」と言った。「うん! わかった!」妹の返事は完璧。

その後の私は、これに懲りて、自分も周りもだいぶん大きくなるまでの間、自分が見れないテレビのことを、誰かに頼んで、その内容を教えてもらおうとはしなくなった。弟も、姉(私)の言うことを、全部真に受けてはいけない、と学習することになったようだ。

妹は今ではとても大きくなって、日常の出来事も、非日常の出来事も、テレビの中の出来事も、他のいろんなお話も、たくさん憶えて、その内容がわかるように、より面白く伝わるように、上手に話してくれる。なにげなく、うはははは、と、笑いながら聞いていても、その私とは別の私が、少し離れたところで見ていて、特に妹の話の展開の、起承転結がいいぐあいだったりすると、うう、よくぞ、ここまでたくさんのことをおぼえてお話できるようになって、不二子の、いいわよ、しか、憶えられなかった、あの人が、よくまあ、こんなに大きくなって、と感涙に咽ぶ。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (109)
仕事 (161)
家族 (298)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん