みそ文

ぱんつの行く末

 衣類には、毎日お世話になっている。その中でも、もっとも装用時間が長いのは、たぶん、ぱんつ(おしり用の下着)だ。

 お風呂に入るときにも、脱ぐのはだいたい最後だし、お風呂上りに着るのも、ぱんつが一番最初。トイレに行くたびに脱ぎ穿きするし。生地として伸び縮みする機会も、一番多いのかもしれない。そのせいか、他の衣類に比べると、消耗するのが、たぶん、早い。それでもいったん着心地よくなったぱんつは、その着心地よさゆえに、けっこう長い期間活躍する。生地が薄くなったり、ゴムがへろへろになったり、いい加減もう、いい加減にしようよ、と思うようになった頃には、もうかなり、くたくた、だ。

 くたくたになっても、そのままでは捨てない。ぱんつとしての活躍に、ありがとう、ご苦労様、と、ねぎらいの挨拶をしたあと、裁ちばさみで切る。ざっくりざっくりざっくりと。適当な大きさの布きれにしておいて、お風呂場(脱衣所)の棚の隅においておく。お風呂の排水溝の網目にたまった髪の毛を取るときに、この布で包み取る。自分の指で直接触るよりも気持ち悪くないし、きれいにとれるし、捨てるときにも指に髪の毛やねばねばが付かない。

 布がないときには、ティッシュペーパーを使ったりするけれど、なんとなくもったいなくて。口をふけるほどにきれいな紙(ティッシュ)で、排水溝をふき取ることもないかな、と。洗面台に髪の毛が落ちた時も、布きれでふきとる。元ぱんつがあればそれで、なければ、いろいろ、元パジャマとか、元Tシャツとか。

 台所にも、元シャツ系の布きれを置いておく。食事の後に、食器の汚れを、特に油汚れを、布で拭いてから食器を水で流す。布は新聞紙に包んで捨てる。けれど、元Tシャツくらいになると、肌さわりがとてもよくて、汚れ物拭きにはもったいない気分になる。それで、春先の花粉症の季節には、ティッシュペーパーの代わりに、この綿100%の布きれで鼻をかむ。すると、鼻が痛くならず快適だ。あるいは、切った布を何分の一かの大きさに折りたたんで、オリモノシート代わりにすると、ライナーかぶれをしなくてすむし、生殖器系が冷えず、ぽかぽかとあたたかくて快適。

 と、こんなふうに、大活躍の布ともなると、もともとは、「ティッシュがもったいないからティッシュの代わりにボロ布を。」と思って使っていたのが、いつのまにか、「布がもったいないからティッシュを使おう。」という気分になってくる。そのたびに、「いかん、いかん。ちがう、ちがう。」と、自分に言い聞かせる。「衣類をそのまま捨てるのが嫌で、はぎれにしたのだから、そのはぎれは、はぎれとして、ちゃんと使おうよ。」と。でも、うっかり、自分に言い聞かせるのを忘れると、もう着ない衣類をはぎれにすることすらもったいない気分になる。「この古Tシャツは結構いいから、いざ、という時のはぎれにするまで、大切にとっておこう。」なんてことを思うのだ。だから「いざ、ってなんだ!」「いざ、っていつだ!」という自分ツッコミは欠かせない。

 夫のパンツは、縦方向のシマシマ(ストライプというのかな)のトランクスなのだが、彼のパンツがそのお役目を終えるときには、「ぱんつ供養」なる儀式が執り行われる。へろへろのくたくたになった、既にかなりだいぶん前から充分に「元ぱんつ」と成り果てていたパンツの前に、正座して、両手を挙げて、両手をついて、「ご苦労様でした。ありがとうございました。」と、お礼を言うのだ。この儀式を終えて初めて、ちょきちょきと鋏を入れることが可能となる。そして、はぎれにしたならば、お風呂場(脱衣所)に。シマシマはぎれも、大活躍。

 元ぱんつも元シャツも、みんな最後までしっかりと、働いてくれて、ありがとう。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (110)
仕事 (161)
家族 (301)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん