みそ文

記念日レストラン

来月十一月四日は、広島に住む妹夫婦の結婚記念日。結婚二周年を迎える。

一年半くらい前に、夫と二人で食事に行ったレストラン(我が家の近く。妹宅からは六百キロメートル近く離れている)で、会員登録するときに、結婚記念日を書く欄があり、そこに「十一月四日」と書いた。私自身の結婚記念日(五月)よりも、十一月の方が美味しいものが多そうな気がしたから。それで、十月も半ばになるとそのレストランから、結婚記念日お祝いメニューの案内ハガキがやってくる。なかなかうまいぐあいに、おお、これは食べたいぞ、というメニューとは巡り会えないが、ハガキがやってくるおかげで、「そうそう、妹夫婦の記念日よね」と、あらためて思い出すことができる。

二年前、妹の結婚披露宴では、妹の夫である新郎が、友人たちによる「胴上げ」から「落下」して、腰の骨が折れ、お開きとともに救急車で病院に搬送されるという出来事があった。結婚式前も当日の朝も、義弟は妹に何度も、「やぎちゃん。俺、絶対(すっごく感動して)泣くと思う!」と宣言していたらしいのだが、お色直しのドレス姿で夫と救急隊員が乗る救急車を見送りながら妹は、「宣言どおり泣いたけど、別の意味(打撲痛)でじゃったね」と淡々とつぶやいていた。義弟は、その後約二ヶ月間休職療養することになり、時とともに完全復活。一年経って二年経って、どんどんよくなって、でもまた冷える季節になると、また少し痛むだろうけど、痛くても、ハーレーに乗って遠出したり、カープ(広島の野球チーム)のユニフォームを着用して球場で応援三昧するくらいには元気になっているから、本当によかった。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (110)
仕事 (161)
家族 (301)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん