みそ文

運動選手を応援する

 4月の後半に約1週間、夫は出張でアメリカ合衆国に行った。出張から帰ってきた翌日4月29日は祝日だったが夫の勤務先は日常の出勤日で夫もふつうに出勤した。翌日4月30日からはふたりで旅に出かける。

 旅の高速道路の道中で夫が「今回の出張で成田で乗り換えた時に山口茜選手に会った、バドミントン選手の」と言う。私は「名前までは知らないけどもしかすると私そのひとのこと知ってるかも。職場に貼ってあるポスターで見たことがある気がするの。ええと、どちらかというと小柄で体格のしっかりとしたショートカットの女子選手?」と問うと夫は「そうそうそのひとそのひと」と言う。

「でもどうやらくんはなんで成田で遭遇したそのひとがその選手だってわかったん?」
「いかにもバドミントン選手が遠征で移動中なかんじの服装だったし、まえにタウン誌かなにかで見たことのある写真とおなじ顔だったし」
「そうか、あのポスターの選手は地元の方だから今度の国体開催関係のポスターに起用されていたのね。それにしてもそれだけでそのひとだと特定できるなんてすごいねえ。私だったらきっとぜったいになあんにも気づくことなく素通りしてると思う」
「で、とっさに声かけて『山口茜選手、ですよね。僕も福井から来たんです。応援しています。握手してください』って言って握手してもらった」
「人違いじゃなかったんだ。それとも本当は人違いだけど『あー、よくそのひとと間違えられるんだよなー』と思いながらも握手してくれちゃったんかな」
「ちがうって。ちゃんと本人だったはず。でも『応援してます』って言いながら『あー、おれ、いま、嘘はついていないけど、これまでずっと熱心に応援してきたかというと全然そういうわけじゃないよなー、でも応援していないかっていうとそんなことはないから別に応援してますって言っても嘘じゃないよな』ってすごく葛藤した」
「大丈夫大丈夫それは嘘じゃないしそこで『特別応援しているわけではないんですけど握手してください』って言うよりはよっぽど失礼がなくて声をかけたからには適切な日本語表現だと思うよ。それにしても私がバドミントンの選手のことを知ってるなんてめずらしいじゃろ」
「うん、知っとるとは思わんかった、この話も、ふうん、で終わるかと思っとった」
「じゃろ。私の勤務先のトイレに貼ってある国体関係のポスターに女子バドミントン選手の写真がついてて、まえまえからこの方はどなたなのかしら、と思ってたの」
「うん、国体にももちろん出るやろう。でも、おれ、本人にそんなことよう言わんわ、『応援してます、うちの妻の職場のトイレにあなたのポスターが貼ってあるんです』だなんて」
「いや、そんなこと言う必要ないし実際全然言うてないやん。それに私の勤務先全店でトイレに貼ってあるわけじゃないのよ、ふつうになんかそのへんの壁にあんまりやる気のないかんじで貼ってあるところもあった気がする。あ、でも、ご本人には『やる気のないかんじで貼ってある』とかそんなことも言う必要ないよ。で、私が入るシフト先のうちの一個のお店はトイレが広くて快適でね、便座に座ったときにちょうど正面にそのポスターがゆったりと見えるから私の記憶にも残っていたの。でもそのポスターそのものは国体にむけてスポーツ関係のみなさんドーピングには注意しましょうね、スポーツファーマシストっていうドーピング知識に詳しい薬剤師のあたらしい資格もできましたから気になることがあったらスポーツファーマシストに相談してくださいね、って啓蒙するような内容で、そのバドミントン選手のことには細かく触れてなかったと思うなあ」

 旅から帰宅して数日後、夫が「応援してます、って言うたからにはプロフィールくらいは把握しておこうと思ってあのあとwebであちこち見たよ。名前も合っててよかったー、山口選手だとは思ったけど山崎だったが山田だったかうろ覚えだなーと思ってたからなー。この春高校を卒業して今は熊本の再春館製薬に就職したんだって」と教えてくれる。「実業団?」と訊くと「たぶんそうなんじゃないかな」と言う。ああ、じゃあ、どうやらくんとおなじ飛行機で成田に行って乗り換えたわけじゃなくて勤務先の熊本からの飛行機だったのかもしれないね。

 これで私も職場やどこかでまたあのポスターを目にしたら(今日の勤務先でも見てみたがやはりその選手の個人情報は名前もなんにもなにひとつポスターには記載されていなかった)そのポスターを見る限りにおいては「この方は山口茜選手、この春高校卒業後再春館製薬に入社してバドミントンを続けている」というデータが毎回脳内に打ち出されることだろう。しかし他の写真や映像や実物立体を見てもポスターのひとと同一人物だとは同定できない自信も満々。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (110)
仕事 (161)
家族 (301)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん