みそ文

お気に入りの大臣は

 患者さんに薬の説明をしているときのこと。その患者さんは女性で年の頃は三十代後半か四十歳前後というところだろうか。私の説明をよく理解しながら聞いてくださっている風情はあるもののその患者さんの視線がちらちらと私の名札と私の背後の上の方に泳ぐ。私の苗字が少し珍しい苗字であるために患者さんによっては「初めて見た名前だけど、いったいどこから来たひとなの? もともとこのへんのひとではないよね?」と問うてこられることはときどきあるのでこの患者さんもそれでかなと思いながら薬の説明を終える。そこでその患者さんが「薬剤師免許証の厚生大臣、大内啓伍さんなんですね」と言われる。名札で私の名前を見たあと薬局の壁にかけてある勤務薬剤師の免許証(のコピー)のうち私の名前のものを見てそうおっしゃった模様。

「ああ、はい、そうですね、このときの厚生大臣は大内さんだったんですね」
「いいなあ、いいなあ、わたし大内啓伍さんのファンなんです」
「ええっ、そうなんですか、それでしたらこういう免許証も免許証としてだけでないそれ以外の価値がまた何かあるものなんでしょうか」
「わたし看護師なんですけど、最初に看護師免許とったときは厚生大臣が大内啓伍さんですごくうれしかったんです。そのあと結婚して苗字をかえたときにはもう厚生大臣が大内さんではなくて大内啓伍さんの名前が入ってない免許証になったのが残念で残念で」
「まあ、そうでらしたんですか」
「薬局とか何か医療関係の国家資格の免許証が掲示してあるところに行ったらそこの免許証の厚生大臣の名前をチェックして大内啓伍さんのがあったら『うわああい、大内啓伍さんのだー』って喜ぶんですけど、なかなかそんなになくて」
「厚生大臣はちょくちょく替わりますものねえ」

 ということはこの患者さんの場合は私の名札から薬剤師免許証に目を移したのではなくて、薬局内にかけてあるすべての薬剤師免許証の厚生大臣の名前をまず見てから大内啓伍さんのものがあればその免許証の薬剤師名を見て、それがたまたま私の名前で、どの薬剤師がこの名前のひとなんだろうと思っていたら目の前で薬の説明をしている薬剤師の名札がその名前だった、という流れだったのかもしれない。

 その患者さんが帰られてから、同僚の薬剤師が私に声をかけてくる。「なになに。今の患者さんとすごく話が盛り上がってたみたいですけど、なんの話だったんです?」

「なんかね、大内啓伍さんのファンの方らしくて、私の薬剤師免許証の厚生大臣が大内啓伍さんなのを見つけていいなあいいなあ、っておっしゃって」
「それは、また、なんというか、通な」
「ええ、今の患者さんナースさんらしくてですね、看護師資格を取ったときの厚生大臣が大内啓伍さんだったとかで思い入れがあるみたいなんです。ご結婚なさって免許証の姓の変更手続きしたときに厚生大臣名が大内啓伍さんではなくなったのが残念なんですって」
「ああー、それはわかる気がするかもー。わたしの最初の薬剤師免許証の厚生大臣は小泉純一郎さんだったんですよねえ、それが結婚で名前書き換えたときに変わってちょっと残念な気がしたような」

 この同僚は私より十歳前後年下だったように記憶しているのだけれども、私の最初の薬剤師免許証の厚生大臣も小泉純一郎さんだったことを思うと、あれ、あれ、いつのまにか彼女と同じ年代だったっけ、と思いそうになったところで、いやいやいや、厚生大臣はひとりの人が間をあけて何度か就任することがあるもんね、私が免許をとったときの厚生大臣は小泉純一郎さんだったけど、同僚が免許をとったときにも小泉純一郎さんが厚生大臣をしていたのでありましょう。     押し葉

発芽玄米のお好みは

 翌日が出勤日の場合、夫は前の晩にお米を炊飯器に仕掛ける。夫は勤務先には自宅からご飯だけをご飯用プラスチック容器に詰めて持って行きおかずは業者さんのお弁当を会社で購入している。業者さんからご飯もセットで購入することはできるのだが、そのご飯の量は夫には多いため夫は自分がちょうどよくおいしく食べきれる量のご飯を自宅から持っていく。

 夫が夜炊飯器にご飯を仕掛けるときには自分のお昼ごはん用の0.5合と、翌日私が出勤前にご飯を食べるならさらに0.5合、翌日の夕食用のご飯も一緒に炊いて保温しておく場合は二人分でさらに一合で合計二合炊飯することが多いのだが、翌日私がパンやお餅などを食べる場合には私のご飯が要らなくなり、夕食がお好み焼きや焼きうどんやパスタなどの予定の場合は夕食分のご飯が要らなくなるため、その都度私に確認しては炊飯の量を決めている。「明日の夜はお好み焼きだから、夜は要らないとして、みそきちどんさんは?」と訊いてくれて「私のご飯もお願いします」「よっしゃ、わかった、じゃ、一合ね」と言った直後に彼の0.5合だけを計量してセットしていることがたまにあり「ええっ、ええっ、私のぶんは?」と訊くと「わーっ、なんか流れで忘れてた」と言ってからもう0.5合追加してくれることがある。

 一昨日の夜は「明日は、じゃあ、二合で」という話になっていたのだが、夫が寝たあとになって私も寝ましょうと思ってふとキッチンを見たら空の炊飯釜が置いてあり、あれ、あれ、あれ、ご飯が炊いてない、明日夫はご飯要らなくなったんだろうか、でも私はご飯要るし、明日の夕ごはんのぶんも炊いておきたいし、じゃあ私が炊いておきましょう、と冷蔵庫から無洗米と発芽玄米を取り出し水洗いして仕掛ける。

 翌日の夕食の時、夫に「どうやらくん、昨日の夜炊飯器セットするの忘れとったじゃろ?」と言うと夫は「え? でも、おれ今日会社にご飯持って行ったぞ」と言う。

「それは私がセットしておいたご飯じゃん。どうやらくんはセットするの忘れたけどみそきちが炊いておいてくれてよかったなあ、助かったなあ、ありがとう、って思った?」
「ううん」
「え? ううん、ってなんで」
「だって、おれが自分で炊いたと思ってたもん」
「でも、私は発芽玄米好きだけどどうやらくんはあまり積極的に食べようとしない発芽玄米が入ってたでしょ?」
「うん。だから、朝起きて炊飯器開けたときに『うわっ、ご飯に茶色いところがある、焦がしてしもうた』ってまず思って、よく見て『ああー、ちがったー、おこげが大量にできたわけじゃないのか、発芽玄米だったのか』って思った」
「そこで発芽玄米なのは気づいたんじゃね?」
「うん」
「でも、自分が炊飯セットするのを忘れとったけん私が代わりに炊いてくれたんだなー、とは思わんかったん?」
「うん、おれがセットした米にみそきちどんさんが食べたい発芽玄米を追加して入れたんかー、あとから発芽玄米追加したぶんだけの水加減するのよううまくできたなあ、って思った」
「ええー、じゃあ、今、こうやって話をするまで昨日の夜自分がご飯を仕掛け忘れたことに気づいてなかったってこと?」
「うん。今こうやって聞いても本当はおれがいつもどおりちゃんとしかけた気がするくらいじゃけん」
「ちがうよ。昨日の夜はどうやらくんお米仕掛け忘れてたよ。そこはもう素直に認めようよ」
「そうだったんかなあ。それにしてもこの発芽玄米は発芽玄米なのになんかおいしいな」
「でしょ、これはね、ふつうの発芽玄米とはまた別の金芽米の発芽玄米でね、従来の発芽玄米よりもぷくぷくもちもちしてるらしいよ」
「これならおれでも違和感なく食べられるなあ。見た目が茶色っぽいけど食感と味は違和感ないわー」
「でしょ。おいしいでしょ。でもね、これね原材料調達が不安定だとかで今供給休止中じゃけん買えんのんよ」
「休止っていつまで?」
「わからん。また買えるようになるといいね」

 今度夫がお米を仕掛け忘れたときには、私好みに発芽玄米だけで炊飯器セットしておいてみようかな。そうしたら、夫もさすがに、自分が妻の好みに合わせて発芽玄米だけを炊飯したとは思わずに、ああ、おれが炊飯し忘れた隙にみそきちが自分の好きな発芽玄米だけをセットしたんだな、と思うかな、思うといいな。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (110)
仕事 (161)
家族 (300)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん