みそ文

世界一の幸せ者

 同僚のタノウエさんが先週だったか先々週だったか「ディズニーに行くのでトラベルミン買います」と乗り物酔い止めの薬を購入した。「東京までの移動用ですか。タノウエさん乗り物酔いしやすいんでしたっけ」と訊くと「現地でアトラクションに乗る時用です」と言う。ほうほう、乗り物酔い止めはそういう使い方もあるのか、と感心しながらレジを打つ。

 今日「トラベルミン効きましたか?」と尋ねると「年寄り(同僚のお母様、推定70代後半)と一緒だからそんなに激しい乗り物には乗らなくてアトラクションにトラベルミンが効くかどうかはわからなかったけど、人がすごく多くて人混みに酔いそうだったからそれにも効くかなあ、と思って飲んでみて、でもそれで効いて気持ち悪くならなかったのかもともと飲まなくても気持ち悪くならなかったのかわからなくて、でも、ま、いっか、と思ったの」と言う。

「今回の旅行は母にサプライズプレゼントの旅行だったんですけどね」
「サプライズ?」
「うん。もともと母がUSJにもナガシマスパーランドにも行ったことがあるけどディズニーには行ったことがないから行きたい、って言ってて、なら一緒に行こうっさ、って母娘で行くってことで母を連れ出して新幹線に乗って」
「ええと、そこまではまだサプライズはないですよね」
「まだまだ。新幹線に乗って名古屋に着いたときに私の姪っ子(同僚のお母様にとってはお孫さん)のナオコちゃんが乗ってきて、でも母は私と二人で行くつもりでいるからまさかナオコちゃんが乗ってくるとは思ってないんですよ。でも母は名古屋から乗ってきたナオコちゃんをじいっと見てそれから私のほうを見て小声で『ナオコちゃんによく似たお嬢さんやね』って言うんです。私が『本物のナオコちゃんやよ』って言ったら目をまん丸くして、それからナオコちゃんが『おばあちゃーん、ナオコだよー』って言ったら、母はもうびっくりして泣きそうになって『うわあ、ナオコちゃんも一緒に行ってくれるんやったんか』ってそりゃあもうよろこんで」
「わあ、それはいいサプライズプレゼントですねえ、なんとまあ親孝行な」
「へへ、でね、サプライズはまだあるの。それで新幹線が東京に着いたら、今度はうちの娘が旦那さんと一緒に現れて旦那さんはおばあちゃんに挨拶だけして帰ったんやけど、そこからは娘も合流して、母は私(娘)と孫たち(同僚の娘さんと姪子さん)の女四人の旅行なんだって知ってそりゃあよろこんで『私は世界一の幸せ者やぁ』って何回も何回も言うてた」
「お母様にもそんなふうにかわいらしく喜んでもらえると奮発して旅行をプレゼントした甲斐がありますねえ。企画はタノウエさんだったんですか」
「うん。私が旅行会社に申し込んでお金払って」
「いい親孝行だなあ。しかも娘さんや姪子さんたち若手がいてくれるのもこころ強いかんじ」
「そうなの。若い子はすごいねえ。ディズニーの中でもスマートフォンでさっささっさといろいろ調べてくれて『今はどこどこが何十分待ちでどこどこがどうだからこの順番で回ろう』って案内してくれるから、母と私の年寄りふたりは若い者が言うとおりに『はぁい、わかりましたー』ってついていけばいいだけですごくラクだったのー」

 同僚とお母様と娘さんと姪子さんが泊まったホテルの部屋はツインルームをふたつつなげたコネクティングスイートでベッドルーム以外にゆったりとくつろげるリビングルームもあり各ベッドルームそれぞれにバスルームとトイレがついていて広くてとても快適だったということだ。よかったよかった。     押し葉

山とマヨネーズ

 五月の連休に自炊湯治旅をするにあたり個包装タイプのマヨネーズと醤油を購入した。その旅行期間に使いきらず持ち帰ったものがそのままずっとあったのだがそろそろ使いきりましょうかね、と思い、これまで使っていたチューブタイプのマヨネーズがなくなったところで食卓に登場させた。サラダホウレンソウとルッコラとツナのサラダにその個包装タイプのマヨネーズを絞り出してかけ夕食の一品とする。夫は個包装1本と半分を使い、私は半分を使う。この個包装は1本がさらに半分の個包装としてミシン目で分割できるような構造になっているから、1本では多いな半分でいいな、というような私みたいなタイプにも使い勝手がよい。夫が卓上にまだ残っている個包装マヨネーズを見て「うわ、これだけ(個包装1本分12g)で82kcalもある!!」と言う。

「マヨネーズだからそれくらいはあると思うけど、なんで?」
「たったこれだけで82kcalあるんなら山のエネルギー補給にいいんじゃないかと思って」
「ええー、マヨネーズをこのままちゅうちゅう吸うの?」
「それはおいしくないかもしれんけどよ。チューブ入りの練乳やチョコレートは山のエネルギーとしてはわりと定番じゃん」
「はあ、そうなんや。でも練乳やチョコレートは単品でおやつとしておいしいかもしれんけど、マヨネーズはマヨネーズだけで食べるのは、元マヨラーのどうやらくんならいけるんかなあ」
「うーん、このまま吸いたいとは思わんけど」
「あ、マヨネーズ系の具が入ったおにぎりを持って上がってそれを食べるときにこのマヨネーズを追加で絞り出してのせて食べたらどう?」
「うん、それはいいなあ、おいしそうじゃん」
「やっぱりいくらエネルギーのためとはいえおいしいほうがいいと思うなあ。でも無理にマヨネーズでなくてもなんかもっとこう機能的な高カロリー食品があるんじゃないのかなあ」
「でも、ほら、この形状がなんとも携帯性に優れとるじゃん」
「そうなんかなあ、でも、まだそれなら個包装のジャムとかピーナツバターとか」
「ああ、それもあり、すでにあると思う、おれはしてないけど」
「個包装のあんこはどう?」
「それが案外あんこって言うほどカロリー高くないんだなあ」
「でもあんこだったらあんこ好きのどうやらくんとしては食べておいしくて楽しいじゃん」
「うーん、でも、マヨネーズだったらおにぎりに足しても惣菜パンに足してもいいなあ」
「そうねえ、今どきのおにぎりやサラダパンにしてもそういうお店で買うようなものって基本的にできるだけカロリーが低くなるような工夫が施されているからねえ、普通に買っただけだと山歩きにはカロリーが足りないのかなあ」
「そうなんよ。ほんま気をつけんと、この前なんか梅しそ味のおにぎりが食べたくて味だけ気にして買ったらあとになってコメの半分がマンナン(コンニャクをお米の形状に加工した食品)でできているからカロリー低いよ、っていうおにぎりだってわかって、へなへなへなへなー、となった、おれは山でのカロリーを求めているのであって低カロリーを求めているわけちゃうんやー、と思ったなあ」
「蒟蒻好きの私ならともかく、もともと蒟蒻がそれほど特別好きじゃないどうやらくんがわざわざマンナンの入ったおにぎりは本来は買わないよねえ」

 という話をしたのは数日前なのだが今日になって私が「ところで今度週末に鹿島槍ヶ岳に行くときには残りのマヨネーズ持って行く?」と尋ねたら夫は「そんなん持っていかんよう」と言う。

「え、なんで?」
「いろいろ難しいんよ」
「なにがどんなふうに? あんなにマヨネーズのカロリーを讃えて山の上で食べるおにぎりやパンにつけたらいいなあって言うてたのはなんだったん?」
「たぶん世迷い言じゃったんよ」

 そうなのか、まあ、いいけど、ふつうにうちで使えばいいから。     押し葉

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どうやらみそ

Author:どうやらみそ
1966年文月生まれ

ときどき、思い出したように、いただいたメッセージへのお礼やお返事をリンク先の「みそ語り」に書いています。よろしければ、いつでも、どうぞ、どなたでも、ご覧ください。「みそ語り」では、メッセージをくださった方のお名前は書いておりませんので、内容から、これは自分宛かしら、と推理推察しながら読んでいただければうれしいです。手の形の拍手ボタンからメッセージをくださる場合は五百文字以内、文字の方の押し葉ボタンからメッセージをくださる場合は千文字以内となっております。文字数制限なくお便りくださる場合には、下のメールフォームをご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
暮らし (110)
仕事 (161)
家族 (300)
想 (23)
友 (47)
学習 (79)
旅 (16)
心身 (8)

FC2カウンター

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん